<< 2000年前から伝わる古代塩の... イタリア、誕生日は自分で祝う! >>

山の中の豚肉専門レストラン Majore(マヨーレ)

オリーブオイルで知られるシチリア南東部の小さな街、キアラモンテグルフィ。ここに「豚肉専門」のレストランがあります。

「魚介類」というイメージが強いシチリア。シチリアで豚肉??と驚きかもしれませんが、シチリアの内陸部では魚よりも肉文化が根付いています。シチリアの右の端っこメッシーナの南にあるネブロディ山脈では、おいしい黒豚が放し飼いされていることでも知られています。キアラモンテグルフィはネブロディ山脈よりもっと南に下りますが、この近辺でも昔から豚が飼われていたそうで、この地方には豚肉を使った伝統料理がたくさん残っているのです。

ラグーサからMuro Secco(セメントを使わないで積み上げた壁)が連なる風景を見ながら車を走らせること約30分。広大なオリーブ畑が広がるキアラモンテグルフィに到着。ここは、「青りんごの香りがする」、というオリーブオイルの産地で知られます。小さな石畳の街でオリーブ博物館もあり。中には、昔のキッチンやオリーブオイルを使うのに使われていた石臼などの古道具が展示されています。

さて、1896年創業という歴史ある豚肉専門レストラン、Majore(マヨーレ)。街のほぼ中心にある細い道にあります。入り口を入ると、、、なんとそこはすぐにキッチン!これまたむか~しから使われているという、オリーブ博物館の中にあったようなキッチンで未だに本当に調理をしています、、、。このお店にはメニューはなく(もしかしてあるのかもしれませんが見たことありません・笑)、席に着くと、

「今日は○○と、××と、△△と、☆☆と、、、、こんな感じですけど、どうします??」

と、おじさんが聞いてきます。

「ん~、、、じゃ、まかせるわ。(Muuuuu,,,, faccia lei.)」

と答える私(笑)

まずはアンティパストが運ばれてきます。

f0226106_562656.jpg(左下)豚肉サラミ、盛り合わせ!これで4人前くらいかな?ワインは同じくキアラモンテグルフィにあるその名もGlufi社のCerasuolo di Vittoria。シチリアで唯一のDOCGです。ちなみにこのワイナリー、宿&レストランも始めたようです。日本語のサイトもあったのでご興味ある方はこちらをどうぞ。
 
(右下)毎回必ず食べる「にこごり」、、、ならぬ「Gelatina」(ジェラティーナ)、つまり豚肉に含まれるゼラチン質から作った、、、、やっぱりにこごり?(笑)ワインビネガーが相当効いているので、ゼラチン質もさっぱりと食べられます。好き嫌いが分かれそうなところですが私は好き。コラーゲンたっぷり~♪という感じです。

(上)てんこ盛りのサラミの写真がありますが、一人分はこれくらいですのでご安心を。オリーブの街なので、やはりオリーブもお忘れなくでてきました。



前菜を食べ終わったころ、おじさんが大きな大きな器にたっぷりの何かを入れて持って来ます、、、。
f0226106_5185564.jpg


持ってきたのはこちら。
f0226106_5203449.jpg

豚肉エキスがたっぷ~~~りとしみ込んだ「豚肉のリゾット」!こ、これが絶品でした、、、、。きっと豚肉の色々な部位が長いこと煮込まれて溶け込んでいるんだろうな~、、、と想像できるような奥深い味わい。見た目はただのリゾットなんですけどね(笑)いや、ツヤツヤ加減がただのリゾットじゃない!?

続いて、
f0226106_523469.jpg

豚肉のラグーソース。そういえば、モディカに住んでいたとき、友人宅でよくご馳走になったのがこの「豚肉のラグー」。この地方では、ひき肉ではなくて大きめにカットした豚肉をゴロゴロと煮込むんですよね。リゾットとはまた違った味わいがあり、、、あ~、、、今考えてもヨダレがでてきそうです。(ちなみに最後に行ったのは去年です。今年もチャンスを狙います!)

Majoreではプリモピアットは、おじさんが大皿で運んできます。少ししか食べれない人は「Basta,basta!!(バスタ、バスタ!)」と言えば、それ以上は盛られないので、お食べ地獄の恐怖からも開放です(シチリアのメニューなしレストランは怖いですからね、、、、何も言わないと大量に持ってこられます・苦笑)

そして最後の一品がこちら!
f0226106_526635.jpg

豚肉とサルシッチャのグリル。これはもう素材のおいしさを賞賛するしかありませんでした、、、。豚肉って焼いただけでこんなにおいしいのね、と思った一品です。

豚肉にノックアウトされました(笑) 今まで、このお店に行ったこと3回か4回。すべて仕事で行ったはずなのに、最後は仕事を忘れて豚肉と赤ワインを堪能してしまう私でした。

あ~、、、次に行けるのはいつかなぁ~、、、。

<店舗データ>
Ristorante Majore(リストランテ マヨーレ)
住所 : Via Martiri Ungheresi, 12 Chiaramontegulfi(Ragusa)
電話 : 0932-928019
サイト : http://www.majore.it/IT/index2.html
* ほぼ街の中心部に位置します。街の人でこのレストランを知らない人はまずいないので、とりあえず聞いてみましょう。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2010-05-09 04:59 | シチリアのオイシイ食堂
<< 2000年前から伝わる古代塩の... イタリア、誕生日は自分で祝う! >>