<< 初夏の風物詩、魚市場に並ぶ「生... 2000年前から伝わる古代塩の... >>

Fiore di Sale(一番塩)で作ったハーブたっぷりのハーブソルト

f0226106_0473045.jpg

トラーパニの塩田で作られる基本的な塩の作り方は下のエントリーで説明しました。塩のクリスタルもとっても美味しい塩なのですが、ここの塩田には極上の塩が存在するのです。それが「Fiore di Sale(フィオーレ ディ サーレ)」。

Fiore di Sale(フィオーレ ディ サーレ)は「塩の華」という意味でフランス語だと「フルール ド セル」。常に風がある事で塩田にとても適しているトラーパニの地ですが、稀に風のない穏やかな日があります。塩が結晶化していく途中の風のない日、塩田の表面にうっすらと浮いてくる塩の結晶、これがFiore di Saleの正体。毎日塩田をチェックするサリナイオ(塩職人)は、Fiore di Saleが浮いてきたのを見つけたら、そ~っとそ~っと浮かんできた塩をすくいます。そして自然乾燥させます。通常の塩のクリスタルが出来る前のお塩なので「一番塩」とも呼ばれています。Fiore di Saleは通常の結晶に比べるととても細かくそしてもろいのが特徴。マグネシウムの成分が多く含まれているそうです。

なめてみるとほんのり甘く、、、、。

こんな極上の塩に、たっぷ~りハーブを混ぜたハーブソルトがトラーパニの塩田に登場しました。

お味はレモン、オレンジ、セージ、コリアンダー、ジュニパー、4種のコショウ、の6種類。写真で見るとお分かりのように、それぞれ塩と同じくらいの量のハーブが入っていて、フタをあけた瞬間に広がるフレッシュなハーブの香りはそれだけで癒されます♪ コリアンダーはお肉の下味に、セージはお魚料理に、レモンやオレンジはサラダにもお魚にもお肉と万能選手。料理に仕上げにササッと散らしたり、下味をじっくりつけたり、、、、使い方は無限大。

私のお気に入りは「オレンジ」と「セージ」。オレンジはグリルしたお肉、そしてサラダのお塩として使います。セージはお魚料理に、、、。ビンのデザインもシャレているでのでキッチンに置いておいてもインテリアとしてかわいいですよ♪

現在、まだ日本では販売されていない(と思います)このお塩。トラーパニにいらした方、マルサラ近くの塩田のショップ、トラーパニの食材店で販売していますので是非お試しを。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2010-05-12 00:43 | シチリアのオイシイモノ色々
<< 初夏の風物詩、魚市場に並ぶ「生... 2000年前から伝わる古代塩の... >>