<< 美味しいものを作る手 初夏の風物詩、魚市場に並ぶ「生... >>

マンマの古道具 その2  ~クスクス専用鍋 クスクシエラ~ 

f0226106_2273486.jpg
粉から手作りするクスクス、、、トラーパニ近辺でしか味わえないこの一皿。レストランではもちろんの事、家庭でもクスクスを粉から手作りします。

マンマの古道具第2回目は、クスクスを蒸すための陶器でできた専用鍋「Cuscusiera(クスクシエラ)」。前回の「モルタイオ」に続き、こちらもお姑さん譲り。最低でも50年以上は経っているそうです。現在の道具屋さんで見かけるクスクシエラは、下の部分がもっとどっしりとしたもので、下がほっそりしたタイプのものはもはや目にすることがありません。

クスクシエラの底にはポツポツ穴が開いていて、下に水を張った鍋の上にクスクシエラを置き火にかけて1時間半ほど蒸します。下の鍋もお姑さんから譲り受けたものがあったそうですが、残念ながら割れてしまったそうです。

f0226106_3565127.jpg(左上)底と側面にポツポツ穴が開いています。穴は意外と大きいのですがクスクスが落ちることはありません。

(右上)調理後、穴に入ったクスクスはなかなか取りにくいため、あえてそのままにしておきます。そして次回使うとき、竹串で突っつくとカピカピに乾燥したクスクスが出てきます。これが日本で箱に入ったクスクスの正体。つまり一度蒸したものを乾燥させたインスタントクスクス、です。

(左下)どこの角度からみてもとっても美しいフォルム。特に取っ手の部分の厚さと丸みがなんとも言えません。

(右下)クスクシエラと下の鍋の隙間から蒸気が漏れると、うまくクスクスが蒸しあがりません。そこで、セモリナ粉と水を混ぜて下の鍋とクスクシエラの間を埋めるための生地をつくります。それをペタペタ貼り蒸気が漏れるのを防ぎます。昔の人の知恵ですね。



「金属製の蒸し器でもクスクスは作れるけどね、やっぱりこのクスクシエラで作ったほうが美味しいのよね。」

というマンマ。陶器という材質か、はたまたこの形か、、、とにかく昔のタイプのクスクシエラはマンマ曰く、熱の回り方が良いそうです。古道具好きの私としては、この鍋を見ているだけで美味しそうなクスクスが出来そうな気になってしまいます(笑)

マンマの愛情たっぷりクスクスは、どこのトラットリアで食べるよりも美味しいんですよ♪
[PR]
by lacucinasiciliana | 2010-05-23 02:48 | マンマの古道具
<< 美味しいものを作る手 初夏の風物詩、魚市場に並ぶ「生... >>