<< 畑のとれたて夏野菜がタップリ!... ドミンゴ家の畑便り vol.3... >>

夏のシチリアの朝ごはん グラニータ コン ブリオッシュ

そろそろ暑くなってきたシチリア。でも、今年は少し夏の到来が遅く、海水浴は6月上旬からしている人もいましたが、日中に暑い~と感じるようになったのは先週からの事。暑くなってくると食べたくなるのがコレ!↓

f0226106_1915022.jpg


グラニータ コン ブリオッシュ!

グラニータとはシャリシャリとしていて、カキ氷のようなもの。シチリアの暑~い暑~い夏には最適のドルチェ(飲み物?)です。このグラニータはスプーンですくってそれだけで食べても美味しいのですが、ブリオッシュと呼ばれる柔らかいパンを浸しながら食べるのがシチリア流!そして、おやつにも夜にも食べるけれど、、、朝ごはんに食べるのもシチリア流!

ブリオッシュと言えば、日本では黄色いバターたっぷりのリッチなパンを思い浮かべますが、シチリアのブオッシュは白いシンプルなフワフワパン。これを手でちぎりながらグラニータに浸して食べるのです。

余談ですが、シチリアでは「ブリオッシュ」といえばこのシンプルフワフワパン、朝みんなが食べているクロワッサンのようなものは「コルネット」と呼ばれています。しかし、北部に行くとシチリアで言うところのコルネットを「ブリオッシュ」と呼ぶところもあり、、、ややっこしいです(汗)

グラニータはさすがに寒い冬に食べたくないせいか、冬季はトラーパニで食べられるお店は皆無。(パレルモとかシラク-サなんかの観光大都市ならありそうですが)6月~10月ごろまでの季節ものです。私が先日食した今年の初グラニータはアーモンドのグラニータでした。(写真上)アーモンドのツブツブが残っていて香ばしく、そしてアーモンド特有のアマレットのような香りも漂い、、、非常に美味なグラニータでした。アーモンドのほか、レモン、カッフェ(コーヒー)なんかは定番。トラーパニのグラニータと言って有名なのはジェルシ(黒い桑の実)とジェルゾミーノ(ジャスミン)。いずれも他の地域ではあまり見かけないトラーパニのご当地ものです。

暑い夏にシチリアを旅行される方、是非グラニータ コン ブリオッシュをお試しください!Bar(バール)などで食することができます♪
[PR]
by lacucinasiciliana | 2010-06-17 15:40 | シチリア菓子・パン
<< 畑のとれたて夏野菜がタップリ!... ドミンゴ家の畑便り vol.3... >>