<< マンマの夏の定番!シンプルトマ... 最新鋭のオリーブオイル搾油工場... >>

マグロは海の豚!?余すところなく食べます。

「海豚」と書いて「マグロ」と読む、、、というのはウソで、「海豚=イルカ」、です。が、ここマグロの街トラーパニでは、「海の豚(il maiale del mare)」と言えば、「マグロ」を指すのです。なぜなら、マグロは全ての部位が食べられ捨てる場所がないから。

この間、「マグロの色々な部位盛り合わせ」、、、という面白い試食をさせていただきました。

f0226106_15391667.jpg


■ tonno rosso ・・・ 赤身の部分
■ polmone ・・・ 肺
■ cuore ・・・ 心臓
■ uova di tonno(bottarga) ・・・ 卵巣
■ fegato ・・・ 肝臓

なんと驚くべきは、マグロを一本釣ってきて全てここのレストランで調理したそうです!

ここ地中海で釣られるのはTonno Rosso。イタリア語では「赤マグロ」ですが、日本語では「黒マグロ」。そろそろ季節も終わりかな、、、?と思っていたら(マグロの季節は5月~6月にかけてです)、季節よりも小さめではあるもののそれなりのサイズのマグロが釣れるそうです。

内臓類はもちろんきちんと処理をしないと臭くなるわけですが、、、この盛り合わせ、全てが美味しかった!考えてみたらマグロの内臓類を並べて試食するのは私もはじめてかも。

赤身の部分は蒸しただけだそうで、自家製のオリーブオイルがかかっていてこれはマグロが美味しいから美味しいはず(笑)肺は赤玉ねぎとピスタチオを一緒に合わせ、心臓はメロンと松の実をと一緒に。内臓の臭さを感じさせないためのアイディアだそうですが、これがまた美味しい!私的には大ヒット。肺の部分はもともとクセがない味ですがちょっとピリ辛の赤玉ねぎと合わせることで肺の味もくっきりと。ちょっと血を感じさせる心臓の部分はメロンの甘みでうまく調和されていました。へ~、、、こんな食べ方もあるのね。

楽しみにしていたuovo di tonno、、、つまりボッタルガ。これ、、、絶品でした、、、、。今考えてもウットリ(笑)自家製なので、塩加減も控えめでちょっと生っぽさも残っていて、、、今まで食べた中で一番美味しいかった!私の少ない語彙力で美味しさを皆さんの伝えられないのが残念、、、です(苦笑)

レバーはレバー、、、、でレバーっぽい味。きちんと処理がされているため、臭くありません。

むぅ、、、やはり自家製で手間を惜しまず丁寧に作ったものって、本当に美味しいんですね~、、、。今まで市販されているものも美味しい!と思っていましたが(いや、もちろん美味しいですが)、自家消費用につくる少量手作り生産にはかなわないのだな、と改めて思ったのでした。

以前にも書きましたが、「食べる人の顔を想像しながら丁寧に作るマンマの家庭料理が最高に美味しい!」と常日頃思っている私。またしても、こんな事を確信させたこのマグロの試食でした。

お試しされたい方は、、、と言いたいところですが、この日特別用意されたものなので、トラーパニでお試しできません。美味しい、美味しい!、、、と言っておきながら、どうもすみません(笑)

連日の猛暑が続くトラーパニ、、、すっかり食欲減退気味の私。年間食べ続けているので、しばらくはダイエットという事で、、、、(笑)

■ オリーブの木オーナー制度Venus et Salus、好評受付中です!詳しくはコチラをクリック!
[PR]
by lacucinasiciliana | 2010-07-15 15:51 | シチリアのオイシイモノ色々
<< マンマの夏の定番!シンプルトマ... 最新鋭のオリーブオイル搾油工場... >>