<< カリアリのオヤジ食堂 Trat... カリアリにあるイタリア最大の市... >>

サルデニア菓子色々

「イタリアには土地毎に郷土料理がある」、、、、というのは、イタリア料理好きの中では最近、既に浸透しています。料理に続き、お菓子もとっても地方色が強いのがイタリア。私がシチリアに来た理由も、「シチリア菓子」が勉強したかったから、なんです。(シチリア料理も、もちろんですが)

「シチリア菓子はシチリアでしか勉強できない」

一見当たり前のように感じますが、日本では東京や大阪などの大都市にいればイタリア料理も和食も中華も、、、色々な事が勉強できますよね?イタリアは「その土地のものはその土地でしか作っていない」ことが多いため、郷土料理や郷土菓子が勉強したいならばその土地に行かないと勉強できません。

と、話が逸れましたが、シチリア菓子に続いて興味があったのがサルデニア菓子。デコレーションや素材はシチリア菓子に通じるものがあるのですが、実物を目にしたのは初めてでした!

f0226106_2001569.jpg

「Pardulas(パルドゥラス)」はリコッタ、もしくはフレッシュなチーズで作ったサルデニア風チーズケーキ。パスティッチェリアを覗くとどこの地方にもあったドルチェです。下には薄いタルト生地が敷かれていますが、数箇所をチョコンとつまんであって包み方がカワイイ♪ 同じようなチーズケーキ、シチリア南東部のモディカで作りました。滞在中、色々と食べましたが一番美味しかったのはアルゲーロという街にあった市場の中で買ったもの!中がしっとりとしていてさいこーーーーー!でした。

f0226106_2053953.jpg

「Pistocheddus(ピストッケッドゥス)」。これも沢山見かけましたが、地方によって呼び名が違うようです。固めのクッキー生地に糖衣がタラリ~とかけられています。糖衣がかかっているお菓子、サルデニアにはたっくさんあるんですよね。

f0226106_2093219.jpg

「Gueffus(グエッフス??)」。中にはアーモンド生地(つまりマジパン)で作ったお団子が入っています。こうやって包まれているだけでかわいいですね~♪

f0226106_20165948.jpg

「Tilicas(ティリカス)」。これもあらゆるところにありましたが、、、確か名前が違ったような?これ、食べていないので分からないのですが、モディカで作っていたイチジクのお菓子に似てる~~~。写真から推測すると、中身はチョコレート入りのインパストでしょうか??

f0226106_2020959.jpg

「Amaretti(アマレッティ)」。サルデニアやシチリアで見かけるアマレッティは北でよく売っているカリカリのものではありません。中はしっと~りとしたアーモンド生地。ひとつ食べるとボリュームがあります(汗)

さて、サルデニア菓子の中でも最も見てみたかったもの、、、それはこんなお菓子たち!

f0226106_2023468.jpg


f0226106_20244868.jpg


か、かわいすぎますぅぅぅぅ~!私が習いたかったシチリア菓子に通ずるものがあるサルデニアのデコレーション。ひとつひとつ手作業なところがタマリマセン♪

そして極めつけはコレ!

f0226106_20291447.jpg


きゃ~~~~っ!見たかったんです、コレ!サルデニアの結婚式のお菓子、と聞いたことがあります。むか~しのメモを引っ張り出してみると「Corigheddos」と書いてあります。コリゲッドス???確か語源は「Cuore(クオーレ=ハート)」だったと思います。カワイイッ!

サルデニアのお菓子を見ていると、十数年前、何かの雑誌で見かけたシチリア菓子の事を思い出します。当時、日本にいた私は、

「コレ、いったいどうやって作るんだろぉ~?原材料はナニ??」

と、とっても不思議な感じがしたんです。で、その謎を解くためにシチリアまで来てしまったわけですが(笑)今となっては謎はすべて解決し、日常的なものとなったシチリア菓子。当時はナゾだらけだったんですよね~。そして、今同じ事を思うのがサルデニア菓子。シチリア菓子と似ているものも多いため、ナゾだらけ、という訳ではありませんがやっぱり不思議なお菓子がたくさん。作り方も然ることながら、お菓子にまつわる伝統も気になるところ。いつかサルデニア菓子を習いにサルデニアに滞在したいものです。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2010-09-25 02:08 | 番外編:サルデニア島
<< カリアリのオヤジ食堂 Trat... カリアリにあるイタリア最大の市... >>