<< REIの料理教室 in JAP... 隠れた名脇役で悲劇のヒロイン ... >>

今年もお供えものの季節です

毎年10月になるとシチリアのお菓子屋さんの店頭にたっくさん並び始めるこのお菓子。

f0226106_22291429.jpg


Frutta Martorana(フルッタマルトラーナ)。フルーツの形をしたマジパン菓子で、今となってはシチリア銘菓(?)となりつつあるので1年中店頭には並びますが、このお菓子の旬は実はちょうど今頃。イタリアでは11月2日はFesta dei morti(死者の日)といってお墓参りに行ったり亡くなった方々を偲ぶ日。この日に食べられるのがフルッタマルトラーナ。まるで日本のお供え菓子みたいですよね。お供え、、、とはいっても、食後のデザートとして食卓に並び、皆でパクパクとつまみます。見た目「食べれるの?」と思わず聞きたくなるようなお菓子ですが、れっきとした食べるお菓子です。

今日は料理教室@JAPANでドルチェとして召し上がっていただく予定のアーモンド菓子を調達にエリチェに行きました。エリチェのパスティッチェリアといえば私も修行していたMaria Grammatico(マリア グラマティコ)。私がココを修行先に選んだのは、こんなカワイイフルッタ マルトラーナをイタリアの雑誌で見かけたから。今見てもやっぱりカワイイ♪ 手前にある石鹸も、、、実はフルッタマルトラーナです(笑)

さて、明日日本に出発します。日本から時間があったらレポートしますが、無ければ、、、次回のレポートは帰国後(シチリアに)となります。まだまだ汗ばむほど暑いシチリア、、、今年は夏が極端に暑くなかった分、暑さが長い気がするシチリア(今日は30度ほどあります)。日本はどんな気候なんでしょうね??
[PR]
by lacucinasiciliana | 2010-10-07 16:00 | シチリア菓子・パン
<< REIの料理教室 in JAP... 隠れた名脇役で悲劇のヒロイン ... >>