<< シチリア伝統の一皿 1 「Pa... シチリア風 オレンジとマルサラ... >>

貧乏調味料??「シチリア名物 カリカリパン粉」

シチリアの州都はパレルモは「イスラムで一番美しい街」とまで言われ、かつて栄華を極めたシチリア。しかし栄華の裏には影があることも事実で、、、。

貴族と農民の貧富の差がとても激しかったシチリア。貴族は北からやってきたバターを使ったカロリーがもんのすごく高そうなコテコテ料理を食べていた一方、農民達はいつも食料に困っていました。主食はパンやパスタなど小麦を原料としたもので、肉はご馳走。魚は海に行けばドッサリととれるけれど、小麦や野菜は農業という知恵を必要とされるもの。なので、魚よりも小麦のほうが高価だったらしいシチリア。ドミンゴマンマの実家は、小麦、ブドウ、野菜などなどの農園を経営していたそうで、

「漁師が”小麦をください、、、”って時々ドアを叩くのよ。小麦をあげても彼らは食べる術を知らないから、パンを良くあげていたわ」

と、マンマ。物々交換、、、というより、漁師達は栄養素を確保するのに必死だったのでしょうね。

小麦は自分達で製粉して手打ちパスタを作って乾燥させるか、もしくはパンとなります。パスタは保存できるけれど、パンは、、、固くなってしまったらそのまま食べれません。でも、こんなに貴重な小麦、捨てるわけには行きません!と言うことで、昔の人がパンの再利用方法として生み出した(?)のが「パン粉」

シチリアではパン粉はありとあらゆる方法で利用されています。パン粉なしではシチリア料理は語れない、、、というくらい、本当に使用頻度が高いパン粉。中でも面白いのが、「カリカリパン粉」。

f0226106_21162952.jpg


■ シチリア名物 カリカリパン粉

<材料>
古く硬くなったフランスパン
オリーブオイル

① 古く硬くなったフランスパンは、小さめに切ってフードプロセッサーで細かくするか、チーズおろしで削る。
② フライパンにオリーブオイル大さじ1と①を入れて、木ベラでかき混ぜながら焦げ色が付くまで炒める。
* 最初はオイルとパン粉がダマダマになるけれど、そのうちオイルが全体に浸透するのでご心配なく。
③ パスタの上に調味料としてお好みで。

* お好みでアンチョビやイタリアンパセリ、塩、コショウを入れても美味しい。

「え~~~?」って思うかも知れませんが、是非お試しあれ。サクサクした食感と香ばしさがクセになる一品です。「貧乏人のパルミジャーノ」とよく言われるこのカリカリパン粉。いやいや、パルミジャーノよりも美味しいかも!?オリーブオイルや良質なものを使ってあげてください。香り高いカリカリパン粉ができあがります。

シチリアの人達は、パスタによって数種のカリカリパン粉を使い分けます。奥が深い、カリカリパン粉。極めてみたい方はシチリアへ(笑)

f0229410_2594278.gif
■朝時間.jp 朝美人公式ブログ「ボーノな毎日!」もヨロシクです♪

[PR]
by lacucinasiciliana | 2011-01-13 00:05 | 私の食卓
<< シチリア伝統の一皿 1 「Pa... シチリア風 オレンジとマルサラ... >>