<< トラーパニの漁港にあがるとれた... オレンジのジュレを作る >>

2月の農民市場 ~シチリア 冬食材~

f0226106_5211271.jpg


毎週土曜日に開催される直売市場、地元の人からは「Mercato di Contadini(メルカート ディ コンタディーニ)」、つまり「農民市場」と呼ばれています。大都市では随分前から行われていた農民市場ですが、トラーパニでは一歩遅れて2010年の1月から開かれるようになり、早1年。すっかり地元民に知れ渡り、今では市場近くに渋滞ができるほどの盛況ぶりです。

シチリア、特にトラーパニ近辺は標高が低いため、冬でも霜が降りることがほとんどないため、冬もハウス栽培は少なく露地ものが多く。

「季節には季節の野菜を」

その言葉通り、農民市場に行くと旬の食材がはっきりと分かります。

さて、皆さんも一緒にお買い物にアムニンニン(=アンディアーモ=Let' go!!)♪

f0226106_5115137.jpg


フィノッキオ=フェンネル=ウイキョウ。シチリアでは食後に消化促進のために、生でボリボりと食べます。アニスのような香りが爽やか。サラダにしても茹でても美味しい、冬の健康野菜です。

f0226106_5222444.jpg


はてナンでしょう?

正解は、フィノッキエット=野生のフェンネルの葉、です。白い株の付くフェンネルは「栽培種」と呼ばれ、野生のフィノッキオを改良したものだそうです。フィノッキエットは野生種なので、言ってみれば雑草。田舎の道端に良く生えています。イワシのパスタには欠かせないこの雑草、ちょっとクセのある香りが病み付きになります。

f0226106_5144314.jpg


これがウワサ(どこで?笑)のブロッコリ!いや、カリフラワー!
シチリア弁で「ブロッコロ」と呼ぶこの野菜は本当は「カリフラワー」。でも味はブロッコリーとカリフラワーの中間くらいな微妙な野菜(笑)クタクタに茹でてトラーパニの美味しいオリーブオイルと美味しい塩で、、、絶品です。

f0226106_518194.jpg


冬野菜の代表格、カルチョーフィ=アーティチョーク。売り場はこんなに場所を取ります。食べるところはほんのちょっとなのにね~(笑)

f0226106_532295.jpg


シチリアの冬の野草。わざわざ栽培しているわけではなく、畑の横っちょに自生しています。シチリアの夏は暑いので、この手の野草がグンと減りますが、冬~春にかけては野草天国!数種の野草をいつも楽しむことができます♪

f0226106_527465.jpg


この時期シチリアといえばやっぱりオレンジ!どこの農家も山盛り持ってきていました。おじちゃんのくわえタバコにも注目(笑)このオレンジ売りのおっちゃんの前には、、、、

f0226106_5292371.jpg


なんと、3キロ2ユーロ(240円ほど)!しかし、このおっちゃんだけではなく、、、これが現在シチリアのオレンジの相場です。もう投売り!みたいな(笑)いやいや、、、やっぱり日本には帰れませんな(笑)

f0226106_5344272.jpg


早っ!もうイチゴが、、、、!ちなみに、トラーパニの近くのマルサラはイチゴの大生産地。ただし、ハウス栽培です。季節が来るとワンケース5ユーロ以下(600円以下)と激安になるので、もう少し季節を待ちましょう。ちなみにワンケース=3kgほどのイチゴです♪

さて、グルグルと回って色々なものを見ましたが、今日の私のお目当てはマンダリーノ。みかんのような小さなオレンジです。ドミンゴ家はオレンジはまだまだ成っていますがマンダリーノはそろそろ終わり。なのでこれは買うことにしました。

f0226106_53928100.jpg


ちなみにこちらもオレンジ同様3kg、2ユーロと激安。おっちゃんとお姉さんの満面の笑顔にやられてここの農家に決定!

皆さん、お買い物楽しんでいただけましたでしょうか~?皆さんなら何を買い物しますか???


f0229410_2594278.gif
■REIの朝通信!朝時間.jp 朝美人公式ブログ「ボーノな毎日!」もヨロシクです♪


[PR]
by lacucinasiciliana | 2011-02-16 05:41 | シチリア・旬の食材
<< トラーパニの漁港にあがるとれた... オレンジのジュレを作る >>