<< 復活祭の羊ちゃん ~Agnel... 夏野菜を植えてみました@ベランダ畑1 >>

山の上の街エリチェの修道院菓子 「Maria Grammatico(マリア グラマティコ)」

f0226106_20342383.jpg


トラーパニ近くの山の上の中世の街エリチェ、そこには古くから伝わる修道院菓子で知られる街です。その中でもひときわ美しいお菓子を作り出すお菓子屋さん、それが「Maria Grammatico(マリア グランマティコ)」。

f0226106_20394730.jpg


お店の名前はオーナーのマリアさんの本名。マリアさんは家庭の事情で幼い頃に修道院に預けられ、そこでエリチェに伝わる修道院菓子を勉強しました。そして20歳になったときに修道院を出て独立。エリチェにたった4種類の修道院菓子を売る小さなお店を作りました。それから40年以上、、、、同じ土地で今も伝統の修道院菓子を作り続けます。

「独立当初は修道院に妬まれてね。色々、意地悪されたものよ。ま、そんな事には負けなかったけれどね。」

と昔を振り返るマリアさん。きっと辛いことも大変な事もあっただろうけれど、そんな事は少しも見せずにいつも微笑んでいるステキな女性です。


f0226106_20511299.jpg


さて、エリチェの修道院菓子といえばアーモンド菓子。そう、シチリアはアーモンドの名産地。シチリア産のフレッシュなアーモンドから作られたお菓子は、よく言われる甘すぎるシチリア菓子、、、、という想像よりずっとずっと上品なお味。店内のショーケースには可愛い修道院菓子がズラリと並んでいます。

f0226106_2053840.jpg



そして、ここのもうひとつの名物が「ジェノベーゼ」。エリチェなのになぜジェノベーゼ??その事の真偽は誰にも分からない謎な一品。私的にはきっと昔、ジェノバから船でやってきたジェノバ人がこんなようなお菓子を持ってきたからでは?と思っていますが、、、。

ジェノベーゼはサクサクしたクッキー生地にたっぷりのカスタードクリーム。焼きたて、もしくは暖かくして食べるのが地元の食べ方。夏はジェノベーゼを求めてお店の前に行列ができるほどの人気店です。


f0226106_20581481.jpg忘れてはならないこれ、、、シチリアを旅行していて見かけない人はいない!というくらい。Frutta Martorana(フルッタ マルトラーナ)はマジパンで色々な形を模したお菓子です。実はこれ、エリチェの修道院菓子ではなく、パレルモのマルトラーナ修道院のスペチャリティーだったわけですが、今となってはシチリア全土で見かける事のできるシチリア名物となりました。

実は、、、私、これが勉強したくてシチリアに来た、と言っても過言ではないほど。色々見て周った中でマリア グラマティコのフルッタマルトラーナはピカイチ。まるで本物のようで、なおかつカワイイ♪ 本物っぽいけれどカワイくないフルッタマルトラーナも多いのですが。マリアグラマティコのフルッタマルトラーナは、それ専門の職人さんが作っています。この道20年!という職人さん、フルーツの他、魚でもお花でも、はたまた石鹸でも、、、(笑)作り出せないものは無い!、というほどの腕前です。

アーモンド菓子は1ヶ月くらいは日持ちもします。基本的に小さな紙のトレーの上にお好きなお菓子を選んで乗せてもらうのですが、「日本のお土産に」というと、トレーの上にもう1枚トレーを重ねて包んでくれます。私も数回もって帰りましたが、意外と潰れずに無事に持ち帰れました。パッケージも可愛いのでお土産にも最適。和菓子のような甘さのアーモンド菓子は小さく切って濃い目の緑茶とも良く合います♪

エリチェに行かれた際には、必ず寄ってみてくださいね。

場所は、エリチェの入り口、トラーパニ門をくぐったらまっすぐ坂を上り、Piazza(中央広場)の少し手前の左側です。知らない人はいない、、、と思いますので、分からなかったらどこかのお店の人に聞いてみましょう。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2011-04-13 01:26 | シチリアのオススメお菓子屋さん
<< 復活祭の羊ちゃん ~Agnel... 夏野菜を植えてみました@ベランダ畑1 >>