<< 一番塩(Fiori di sa... 初夏の風物詩 ヌビア村のにんにく売り >>

松の実狩り ~松の実はどうやって成る?~

f0226106_23314095.jpg


松の実、、、、というなんとも単純な名前のこの食材は、当然ながら名前の通り「松の実」である。しかし、日本にいた時は、「松の実」という言葉はまるで食材の名前のような感じがして、松の実が「実」である事をすっかり忘れていたような気がする。

が、シチリアに来てやはり「松の実」は松の実なのだな~、、、と実感するのであった。(意味不明?)

松の実はどんな松に成るわけではない。百種以上ある、と言われる松の木の中から、ある特定の種類の木が「実」をつけるのである。一番上の写真はトラーパニから15キロほど行った丘の上にある「秘密の松の木」。こんな松に成る松ぼっくりに松の実は入っているのだ。

f0226106_23375722.jpg

5mは軽くある高い木の上についている松ぼっくり。手のひらほど大きい松ぼっくりはしっかりと木についているため、石を投げてもなかなか落とすことができない。木の破片を投げてみたが落ちない、、、これはもう登って取るしかない、、、と思っていると、連れて行ってくれたフランチェスコが本当に気に登り始めた!


f0226106_23425853.jpg


そして、上から投げてくれた松ぼっくりにはビッシリと松の実が付いていた。

f0226106_23451144.jpg


それをひとつひとつ丁寧にはがしていく。これがまた力の要る作業で、手は松脂でベトベトしてくるのであった。そしてそれを石で割って開いてみる。

f0226106_2348361.jpg


そこには小さな「松の実」があった。一粒の松の実を取り出すのにどれだけの苦労を強いられたことか、、、。これぞ松の実が高価な理由なのではないだろうか。

松の実は脂質の70%以上は不飽和脂肪酸からできていて、コレステロールを下げる、アンチエイジングなど体に良い成分がたくさん含まれるという。シチリア料理には欠かせない食材でもある松の実。一粒をとるのがこんなに大変なことをどれだけの人が知っているのであろうか、、、。

童心にかえって満喫した松の実狩り、帰りの車の中はアニスのような香りでいっぱいだった。どこからだろう、、、と思っていると「松脂だよ」とフランチェスコ。松脂がこんな香りがする事を始めて知ったのであった。こんなことが日常的に経験できる、田舎暮らし。やっぱり辞められないのであった。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2011-06-25 17:26 | シチリアの畑から
<< 一番塩(Fiori di sa... 初夏の風物詩 ヌビア村のにんにく売り >>