<< 今年も良質のオリーブがタワワに... シチリアのワインの雄 カンテ... >>

夏の恵みを収穫する

f0226106_19591221.jpg


昨日は日曜日。夏の暑い日はドミンゴ家にて昼食を家族で囲んだ後、思い思いの場所でゴロゴロするのが恒例。田舎の夏は灼熱で、昼間は暑くて外に出れないほどだ。夕方になって、マンマが

「トマト収穫に行くけれど一緒に来る?」

行き先は家か7kmほど離れた丘陵地帯にあるもうひとつの畑。広大な敷地には、オリーブの木150本をはじめ、トマト、メロン、スイカ、そしてプラム、りんご、さくらんぼう、アーモンド、洋ナシ、イチジクなどなど、果物の宝庫でもある。

4月の末に一緒に苗を植えたトマト達は、シチリアの乾いた大地にしっかりと根ざし、着々と真っ赤に色を変えていっていた。

f0226106_2053474.jpg


葉は枯れてきても実はどんどん熟してくる、逞しいトマト。ひとりひとりバケツを持って収穫。

「お~い、次はこっちだぞ~」

トマトの収穫が終わる頃、パパから新たな号令がかかる。

f0226106_2085067.jpg


パパのいるところに行ってみると、木にタワワになる実!なんだろこれ?答えは

「プラム」。

ブドウの粒ほどの大きさの実が、枝にビッシリ!毎年全部一気に実り、一気に収穫する。今年はラッキーな事に一緒に収穫が出来た。

f0226106_20114669.jpg


バケツ2杯分、満タンに収穫。

たっぷり収穫したトマトとプラムを車に積んでいる最中、「収穫祭」という言葉を思い出した。確かにこうしてたくさんの食物が収穫する時、心はウキウキ、そして、自然に感謝する気持ちでいっぱいに、、、こんな感情が自然と湧いてくる。昔の人達は、豊作を祈り、豊作に感謝する、そして何よりもこの大自然に心から畏敬の念を払っていたのだろう。そんな気持ちがほんの少しだけ、分かち合えた感じがした。

f0226106_20163469.jpg


「今年ははりんごも豊作でね。」

たくさん成るりんごをいとおしむようにマンマが言った。

りんごは虫が付きやすいため、無農薬で育てるのはなかなか難しい果物。今年は今のところまだ虫食いにも合わず元気で育っているらしい。秋の収穫、、、、是非とも私も参加したいものだ。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2011-08-08 20:19 | シチリアの畑から
<< 今年も良質のオリーブがタワワに... シチリアのワインの雄 カンテ... >>