<< 1年に1回の伝統行事!家族で行... オリーブの木オーナー制度Ven... >>

Venvs et Salvsオリーブオイルセミナー@東京2011年秋 レポート

f0226106_042671.jpg


少し前の話だが、10月8日(土)、東京芝にある料理王国アカデミーサロンにてVenvs et Salvs(ヴェヌス エ サルス)の第2回目となるオリーブオイルセミナーを開催した。

第1回目は、まずは

「オリーブオイルとは何であるか」

そんな事を知ってもらうべく、オリーブの木について、オリーブオイルの作り方、試飲の仕方、、、とにかく基礎知識をわかってもらう、という事がメインのセミナーだった。そしてその後は、美味しいオリーブオイルを使ったシチリア料理を堪能してもらうことで、オリーブオイルの使い方を知っていただく、それが目的だった。

第2回目となった今回のセミナーはもう少し踏み込んで、

「イタリアの各地のオリーブオイルの特徴を知り、適した食材と合わせる」

そんな事を目的としたセミナーであった。

f0226106_044343.jpg


まずは、オリーブオイルの分類や、ラベルの読み方、続いてイタリア各地のオリーブの木とオリーブオイルについて説明する事、約1時間。その後はイタリアを代表するオリーブオイルの生産地、

・リグーリア州
・トスカーナ州
・ラツィオ州
・プーリア州
・シチリア州

5地方5種のオリーブオイルをテイスティング。その後は、実験だ。

「どこそこ地方のオイルとこの食材は良く合う」

そんな説明を良くする。が、果たしてそれは本当だろうか?今回は、5地方のオイルと、

・野菜
・豆
・魚
・肉

これらを簡単に調理したものを各自で合わせて、オリーブオイルスペシャリストのアルベルト・ガッルッフォ氏の指南により、検証していく。

f0226106_0522886.jpg


検証はしていくがそこに正解はない。なぜなら、

「五感はそれぞれ感じ方が違うから」

いくらスペシャリストが「これとこれは合う」と言っても、自分はそう思えないかもしれない。もちろんガイドに従って検証していったほうがわかりやすいが、今回の目的は、それぞれが各自の五感をフルに使って、

「感じてもらうこと」

だった。こうして訓練していくことでオリーブオイルへの理解が高まっていくと私は思っている。

f0226106_0542646.jpg


1回目に続き今回も色々な質問が出てきたが、なんといっても自然の産物であるオリーブオイル。なかなか「こうだ」と答えるのも難しい世界。そんなオリーブオイルの世界であるが、30年という長い経験とそれに基づく深い知識を持つアルベルト氏と、日本人としてシチリア、そしてイタリアのオリーブオイルの世界を見続けている私の知識と日本人ならではの着眼点、2人合わさると少しは分かりやすく説明できるのではないか、、、そんなことも思う。

時折するアルベルトからの質問に、すごく的確な意見をおっしゃる参加者の皆さんに驚き、1回目にも増して参加してくださった皆さんの非常に熱心な姿とっても印象的だった。

せっかくシリーズ化してきたVenvs et Salvsオリーブオイルセミナー、アルベルト氏も私も是非第3回目を開催したいと思っている。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2011-10-29 00:48 | オリーブオイルのお話
<< 1年に1回の伝統行事!家族で行... オリーブの木オーナー制度Ven... >>