<< シチリア料理本撮影風景色々 3月19日、サンジュゼッペの日... >>

今年も「羊」の季節がやってきた

f0226106_1475979.jpg


暖かくなってくるとやってくる1年の中でも、かなり盛り上がるあの行事、、、そう、それは復活祭、イタリア語では「Pasqua=パスクワ」という。春の訪れを告げるとも言われるパスクワ、3月下旬~4月中旬の間にやってくる移動休暇だが、毎年微妙に肌寒い感じがする。しかし、4月8日にやってくる今年のパスクワは本当に暖かくまさに春の訪れというのに最適な季節にやってきた。

パスクワに食べるドルチェと言えば、コロンバ(鳩の形をした焼き菓子、)、パスティエラ(ナポリのパスクワのお菓子)、ウォーヴァ ディ パスクワ(巨大卵の形をしたチョコレート、中にサプライズが入っている)が一般的であるが、シチリアでは「羊」のドルチェを食べるのだ。

「羊のドルチェ」と言っても、羊肉で作るわけではなく、マジパンで羊の形をかたどったドルチェだ。羊は「平和(温厚)な動物」とされていて教会の壁画にも良く描かれている。パスクワと言えばキリストの復活をお祝いするのだが、キリストは良く羊に例えられたりもする。(善良な人間という事で)なので、羊=平和の象徴という事で、こんなドルチェが作られるようになったそうだ。

パスクワを来週の日曜日に控え、街の中にはこの羊達が溢れかえってきた。かわいい羊から怖い羊、、、悪魔では?と思われる羊も多々いる中で、私が一番好きなのはエリチェはパスティッチェリア マリア グラマティコの羊達。

f0226106_212376.jpg右の写真のお方は私が師匠と仰ぐガエターノ。フルッタマルトラーナを作らせたら、彼の右に出る人はいない、、、という位の「マジパンの魔術師」だ。彼の手にかかると、ただの白い塊(マジパン)が、あれよあれよという間に、色々な形に変化していく。私はここのフルッタマルトラーナが作りたくて、7年前、半年間修行させてもらった。

先日マリア グラマティコに遊びに行くと、「羊」大量に作っていた。

「今年も羊の季節だね~。」

という私に、

「手伝いに来る?(笑)」

とガエターノ。

私がここで働いていたのは11月~4月にかけて。クリスマスもパスクワも体験し、その時期にしか作らないドルチェを両方習得できた私はラッキーであった。羊の季節にはひたすら羊を作り顔を書いていく。顔はなかなか全て同じ顔にならないところが又面白く。ひとつひとつ表情が違ってくるのだ。温厚そうな羊もいれば、意地悪そうな羊もいるし。そんな冗談を言いながら働いていた7年前が懐かしいが、マリアグラマティコに遊びに行くといつも7年前と変わらない時が流れているのもなんだか嬉しい。

来週月曜日からはパスクワ週間が始まる。パスクワを盛大に祝うトラーパニでは街は既にお祭りムードだ。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2012-03-31 02:14 | シチリア菓子・パン
<< シチリア料理本撮影風景色々 3月19日、サンジュゼッペの日... >>