<< たくさんの事を学んだ自分達で運... 秋は野草狩りに行こう! >>

死者の日のお菓子「Frutta Martorana(フルッタ マルトラーナ)」

f0226106_2331293.jpg


11月2日はイタリアではFesta dei Morti、直訳すると「死者の日」。なんだかオドロオドロシイ名前であるが、日本的に言えば「お盆」のようなもの。亡くなった人々の事を思い出し、墓参りに行く日である。

イタリア全土で死者の日のお菓子が色々とある。今では「シチリア名物菓子」とも言われるようになった「Frutta Martorana(フルッタ マルトラーナ)」は本来、シチリアでは死者の日のお菓子だったのだ。

Frutta Martorana(フルッタ マルトラーナ)は元々はパレルモにあるマルトラーナ修道院のスペシャリティー。今ではシチリア全土に普及したが、「マルトラーナ(修道院)のフルーツ」と呼ばれるのはそのためだ。日本では「落雁」をお供え物として仏壇やお墓に飾るが、なんだかその習慣に似ている。シチリアでは死者の日にこのお菓子を飾るのではなく食後に食べる。このお菓子、一体食べれるのかどうか、、、という質問をよく受けるが、「食べれる」ではなく「食べるため」のお菓子である。

この時期、トラーパニのパスティッチェリアにはフルッタマルトラーナが所狭しと並ぶが、私は毎年知人が手作りしたものを頂く。家庭で作ったフルッタマルトラーナは、どこかほっこりした味がして美味しいのだ。今年はフルーツに加えてエビが入っていたのもちょっとした遊び心。そう、フルッタマルトラーナはフルーツだけに限らず、魚でもエビでも想像力に任せて作れるところが楽しいのだ。

来年は何が入っているのか、、、1年後を楽しみにしよう。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2012-11-02 23:41 | シチリア菓子・パン
<< たくさんの事を学んだ自分達で運... 秋は野草狩りに行こう! >>