<< パレルモ市民の胃袋 バッラロ市... ウチのオリーブオイル2種をテイ... >>

のどかな秋の塩田

f0226106_1394946.jpg


11月下旬なのに、秋、、、と呼べないほど、まだまだ暖かい今年のシチリア。それでも風景は着々と冬の準備へと向かっている。

真っ青な空が広がるこの日の塩田は珍しく無風地帯だった。2000年以上前、地中海の民フェニキュア人は干潟になっていて元々塩分の濃度が高く、そして常に強風が吹荒れるトラーパニ~マルサラにかけての沿岸で塩作りを始めた。塩水を乾かすのに強風は欠かせない要素であり、実際、塩田近くに来ると常に強い風が吹いている。こんなに風がない塩田は初めてだったかも知れない。

穏やかな塩田。そこには、瓦で覆われて冬に向けての準備万端の塩の山があった。

f0226106_144422.jpg


無風が故、まったいらな水面には空の雲が映し出され、なんとも言えずのどかな光景。そろそろ12月。気温はポカポカでも塩田も冬に向けて準備万端だ。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2012-11-27 01:46 | シチリア・旬の食材
<< パレルモ市民の胃袋 バッラロ市... ウチのオリーブオイル2種をテイ... >>