<< 金運を呼ぶレンズ豆 クリスマス、お食べ地獄の始まり >>

クリスマスのお食べ地獄

年末、師走、年の瀬、、、新年に向けて休みモード、そしてお祝いムードが高まる日本はこれからが本格的な祝日、という感じであろう。一方、クリスマスに向けて休み、お祝いムードが高まるイタリアは、クリスマスも終わり街はなんだか日常的な雰囲気さえ漂う。

キリスト教国家のイタリアでは12月25日は

「キリストが誕生した日」

という、1年の中で最も重要なお祝いの一つである。新年をカウントダウンするかのように、25日になるのをカウントダウン。25日の0:00になった瞬間、

「Auguri(アウグーリ).」

と言って、手と手をとって握手をしながら頬にキスをして、キリストの誕生を祝う。「Auguri」は、誕生日や新年にも使われる「おめでとう」という言葉であるが、25日の「Auguri」はちょっと神妙な面持ちで言うのがポイント。決して派手に「Auguri!!!!!!!」と祝うわけではない。それは25日はキリストが誕生したという神聖な日であると共に、キリストの短い苦難の人生の幕開けだからかもしれない。

日本では何故かクリスマスイブの夜がクリスマス本番で、一番盛り上がるのであろうが、イタリアで一番重要な食事といえば25日の昼食。この日は家族で過ごす人が多い。日頃、実家を離れて遠くで暮らす人もクリスマスに合わせて里帰りする人も多い。

24日の夜は魚を食べると言われている。ドミンゴ家では毎年バッカラ(鱈の塩蔵)がフリットとして登場。その他は年に寄って異なるが、パスタは食べず、セコンドを中心とした食事となる。

f0226106_025634.jpg


今年もバッカラフリットが登場、これはいつも通りに美味しく。そして今年、一番美味しかったのはサルシッチャの赤ワインオーブン焼き。見た目はシンプルな一品だが、赤ワインがサルシッチャに更なるコクを与えていて赤ワインの共にピッタリであったのだ。

私は毎年、24日の夜はドミンゴ家で食事をした後、25日の0:00を皆で迎えてまずはお祝い。そして毎年、

「A piu' tardi(=また、後でね)」

と言いながら、ドミンゴ家を後にする。それは25日の昼食も、ドミンゴ家の面々と共に過ごすからだ。

そして25日。

まずは前菜をつまみながら、スプマンテで軽くアペリティーヴォ(食前酒)。その後は次々と、マンマの自慢の料理が登場する。

f0226106_2341382.jpg


クリスマスのプリモは北イタリアでは「トルテッリーニ イン ブロード」が圧倒的に多いようだが、南イタリアでは「パスタ アル フォルノ(パスタのオーブン焼き)」が圧倒的に多い。ラザーニャ、カンネッローニ、、、、と言ったものがパスタのオーブン焼きな訳だが、今年のマンマのパスタのオーブン焼きはクレープ生地でラグーを包んだ一品。一見ものすごく地味だが、クレープ生地を焼いて、ラグーを作り、ベシャメルを作り、、、と非常に手が込んでいる。そしてその味はもちろん絶品。あまりに手がかかるから通常はほとんど作らず、クリスマスかパスクワ(復活祭)の時しかお目にかかることができない料理だ。

セコンドはマンマと同じ作り方で娘が作った「ロレ」。周りのソースは香味野菜をピュレ状にしたものなのだが、マンマが作るのと同じくらい美味しかった。こうして伝統のレシピは代々家族に伝わっていくのだな~、と。とても素敵なことだと思う。

写真で見ると大して食べてないように思えるかも知れないが、一品一品が想像以上にしっかりとしている。そこにワインも入り、付け合せも入り、食後にはフルーツが準備されていて、、、最後にドルチェである。食べ終わった頃には既に動けないくらい苦しい私だが、皆は、「苦しい、苦しい」と言いながらも余裕の表情を見せている。そう、元々の「食べる能力」が違うのである。毎年この時期になると、彼らが羨ましくなるのであった。

こうして今年のクリスマスも無事に終了。イタリアでは26日もサントステファノの日で祝日扱い。本来ならこの日も家族で集まって食事、、、な訳だが、ここ数年、私達は胃を休めるべく家でゆっくりする事にしている。近年はマンマも26日は激しく料理はしないが、私が出会った8年前は24日、25日、26日と家族のために10人は軽く超す分量の料理を作っていた。

イタリアマンマは本当に働き者。頭が下がるばかりだ。

食べ過ぎ、飲み過ぎ、、、に少しだけ罪悪感を感じつつ。こうして今年もクリスマスをドミンゴ家で皆、普通に過ごす事が出来た事に感謝し。

今年も1年が終わろうとしている。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2012-12-28 23:52 | Festaな食卓
<< 金運を呼ぶレンズ豆 クリスマス、お食べ地獄の始まり >>