<< ▼REIの料理教室 in JA... 金柑のシロップ漬け >>

収穫したての幸せ

f0226106_23102756.jpg


昨日、ドミンゴ家の畑からブロッコロという名のカリフラワーをひとつ収穫してきた。

ブロッコロは房が分かれてくるほど大きくなってから収穫すると、茹でた時に強烈な臭いを発する。近所でブロッコロを茹でると、今日は近くで茹でてるな、、、と分かるほどの臭いだ。しかし、八百屋で買うブロッコロは既にだいぶ成長してから収穫されている。農家も野菜を作って売って生活をしなければならないため、一株がある程度大きくなってから収穫しよう、、、と思うのは、当然の心理であろう。なので、この臭いはやむを得ない、、、と皆、諦めている。ちなみに茹で上がったブロッコロ自体はそんなに臭くないのだが。

昨日収穫してきたのは、まだまだ大きくなり切っていないみっちりと詰まったブロッコロ。このくらいで収穫して茹でても、特有の臭いはあまりせず、味も引き締まっていて本当に美味しい。畑から収穫できる特権だ。

今日はクタクタになるまで塩水で茹で、玉ねぎを軽く炒めたフライパンに入れて潰し、アルデンテよりちょっと柔らかめに茹でたパスタに絡める。たっぷりのオリーブオイルと炒ったパン粉を上に乗せて。こんなブロッコロはシンプルに食べるのが一番美味しい。そして、そんな生活にちょっとした幸せをも感じるのであった。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2013-01-28 23:19 | シチリアの畑から
<< ▼REIの料理教室 in JA... 金柑のシロップ漬け >>