2010年 06月 09日 ( 1 )

初夏の葉野菜 ”テネルミ”

f0226106_2433695.jpg


この季節になると我が家にも登場するこの野菜。C氏の実家の畑から時折ドンッ!と届きます。この野菜、実は”とある野菜”の葉っぱ。そしてとある野菜、、、とは、これ。

f0226106_2492780.jpg


ひょ~~~、長い!これ、ズッキーニなんです。皆さんがご存知の緑のズッキーニは「ズッキーニ ジェノベーゼ」と呼ばれ、この長いズッキーニは「Zucchina Lunga(ズッキーナ ルンガ)」、その名も「長ズッキーニ」(笑)

そしてこの長ズッキーニの葉っぱはフワフワした繊毛で覆われていて、とっても柔らかい。

f0226106_324891.jpg


”テネルミ”という名前は”Tenera(=柔らかい)”から来ているそうです。柔らかい事は確かなのですが、この繊毛が曲者。なんとなくチクチクするのが手に残ります。そして私の手は、この繊毛アレルギー(涙)昨日も少しなら大丈夫かな、と思って触ったら、夜になって手がカユカユになってしまいました~。

このテネルミ、葉っぱからもズッキーニと同じ香りがします。冷蔵庫に入れておくと、冷蔵庫中がズッキーニの臭いに(苦笑)

さて、調理法です。シチリアの家庭ではもっぱら”茹で野菜”として使われています。しっかり下茹でしてスープに、パスタに、、、。私が好きなのは、クタクタに茹でてトラーパニの美味しい塩と極上オリーブオイルでシンプルに。お浸しなんかにも合いそうな葉っぱです。

しかし、長ズッキーニ、実も食べれて葉も食べれる、一石二鳥な野菜ですね。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2010-06-09 03:01 | シチリア・旬の食材