2010年 06月 17日 ( 2 )

夏のシチリアの朝ごはん グラニータ コン ブリオッシュ

そろそろ暑くなってきたシチリア。でも、今年は少し夏の到来が遅く、海水浴は6月上旬からしている人もいましたが、日中に暑い~と感じるようになったのは先週からの事。暑くなってくると食べたくなるのがコレ!↓

f0226106_1915022.jpg


グラニータ コン ブリオッシュ!

グラニータとはシャリシャリとしていて、カキ氷のようなもの。シチリアの暑~い暑~い夏には最適のドルチェ(飲み物?)です。このグラニータはスプーンですくってそれだけで食べても美味しいのですが、ブリオッシュと呼ばれる柔らかいパンを浸しながら食べるのがシチリア流!そして、おやつにも夜にも食べるけれど、、、朝ごはんに食べるのもシチリア流!

ブリオッシュと言えば、日本では黄色いバターたっぷりのリッチなパンを思い浮かべますが、シチリアのブオッシュは白いシンプルなフワフワパン。これを手でちぎりながらグラニータに浸して食べるのです。

余談ですが、シチリアでは「ブリオッシュ」といえばこのシンプルフワフワパン、朝みんなが食べているクロワッサンのようなものは「コルネット」と呼ばれています。しかし、北部に行くとシチリアで言うところのコルネットを「ブリオッシュ」と呼ぶところもあり、、、ややっこしいです(汗)

グラニータはさすがに寒い冬に食べたくないせいか、冬季はトラーパニで食べられるお店は皆無。(パレルモとかシラク-サなんかの観光大都市ならありそうですが)6月~10月ごろまでの季節ものです。私が先日食した今年の初グラニータはアーモンドのグラニータでした。(写真上)アーモンドのツブツブが残っていて香ばしく、そしてアーモンド特有のアマレットのような香りも漂い、、、非常に美味なグラニータでした。アーモンドのほか、レモン、カッフェ(コーヒー)なんかは定番。トラーパニのグラニータと言って有名なのはジェルシ(黒い桑の実)とジェルゾミーノ(ジャスミン)。いずれも他の地域ではあまり見かけないトラーパニのご当地ものです。

暑い夏にシチリアを旅行される方、是非グラニータ コン ブリオッシュをお試しください!Bar(バール)などで食することができます♪
[PR]
by lacucinasiciliana | 2010-06-17 15:40 | シチリア菓子・パン

ドミンゴ家の畑便り vol.3 ~初夏のフルーツ~

f0226106_7322451.jpg


すっかりご無沙汰していたドミンゴ家の畑便りです。

ここのところ仕事が忙しく、毎週日曜日のドミンゴ家訪問もちょっとご無沙汰していました。シチリアの畑はこの時期、2週間間を置くと、ちっちゃかった新芽がすっかり成長し花を咲かせていたり、あまりの成長の早さに驚くばかり。太陽の恵みを感じる季節です。

さて、初夏のドミンゴ家はフルーツ三昧!そろそろ食べ頃なのが、上の写真のイチジク。ドミンゴ家には写真の白イチジクの木が1本、そして黒イチジクの木が1本あります。毎年、タワワになる両方のイチジクの木ですが、今年もどうやら豊作の模様です。イチジクは「無花果」と漢字で書きますが、文字の通りお花を咲かせずにいきなり実が成るのが面白いところ。

f0226106_7354178.jpg

これはプラムの実。これもイチジク同様、毎年豊作。熟れてくるともう少し黄色っぽくなりますが、もう時間の問題。あと数日で収穫が可能です!

f0226106_7383590.jpg

ちっちゃくて固い洋ナシの一種。ちょっと渋みがあるのでジャムにするのが最適。毎年この時期、私は仕事が忙しいためなかなかジャム作りができませんが、今年は挑戦しようかな??

f0226106_7404810.jpg

今年は家庭菜園にスイカが成っていました。スイカの茎は地面を這うように横に伸びていくので、相当広い場所が必要。なので、毎年、家から数キロ離れた方の大きな農園に植えるのですが、今年はズッキーニの近くに場所が余ったので一緒に植えたそうです。既に直径15センチくらいに育っています。

その他、黒プラムやアプリコットもそろそろ収穫です!初夏のドミンゴはフルーツが賑やかです。

そして、こちらは野菜部門。

f0226106_7485578.jpg
(左上)これが前出の長ズッキーニ。この葉がテネルミ。柔らかい新芽の部分のみを収穫します。長ズッキーニは既に30センチ近くありましたが、まだまだ。50センチ以上に成長してから収穫です。

(右上)こちらが普通(?)のズッキーニ。既に30センチ程の太く巨大なズッキーニが収穫されていますが、まだまだお花も付けています。ズッキーニはこうして数ヶ月、花を咲かせては実を付け、夏の食卓を彩ってくれます。

(左下)こちらは、色から想像できるとおり、、、茄子。シチリアには”丸茄子”と”長茄子”がありますが、こちらは長茄子のほう。日本の茄子を倍くらいの大きさにしたような茄子です。固く荷崩れしないのが特徴。丸茄子よりアク多いです。

(右下)写真では見にくいですが、インゲンです。畑でできたインゲンとジャガイモで作るサラダはさっぱりしていて夏の夜ゴハンに最適です♪ 

その他、サラダ菜、ジャガイモが収穫可能。トマトもあと2週間くらいで収穫が始まるそうです!



今の季節からは3ヶ月間ほとんど雨の降らないシチリア。その上、ジリジリと照る太陽、、、畑の土は既に乾燥しています。冬~春にかけてきちんと耕してある畑の地底には今まで降った雨の水分が密かに眠っているらしく、植物達はその地底にある水分をキャッチしようと根を伸ばし頑張り始めるそうです。こうしてシチリアの力強く味の濃い野菜達が育つわけです。がんばれ、野菜達よ!!
[PR]
by lacucinasiciliana | 2010-06-17 07:56 | シチリアの畑から