2010年 06月 22日 ( 1 )

カルチョーフィのお花

f0226106_258447.jpg

先日ご紹介したケッパーのお花に続き、カルチョーフィのお花も畑で発見。

ケッパーもツボミでしたが、実はカルチョーフィもツボミ。食用としてツボミの段階で収穫されないものは、その後、お花を咲かせるんです。紫色が美しいのですが、形はなんだか不思議な感じ。写真のお花の後ろにはこれからまだお花を咲かせる(であろう)ツボミが二つあります。さすがに育ち過ぎて、固くて食べられないそうです。

カルチョーフィって考えれば考えるほど不思議な食べ物で、、、。ガクの部分の下部ちょっと&クオーレ(心臓)と呼ばれる中心部のみが食べられる部分。しかもガクの先端にはトゲトゲが。最初にコレを食した人はとっても勇気があった!

そろそろ暑くて土地が乾いてきたシチリア。残りのカルチョーフィ達も美しい花を咲かせてくれるといいな、、、。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2010-06-22 03:06 | シチリア・旬の食材