2010年 07月 21日 ( 1 )

トラーパニ料理?それともマルサラ料理??地方色に富むシチリア料理

私の主宰する料理教室「La Tavola Siciliana」の中でも人気のプラン、「シェフに学ぶ料理教室+工場見学+観光 6泊7日@Donna Franca」。宿泊+シェフの料理教室+観光が一気に楽しめる、という充実のプランです。宿泊&料理教室が行われるのはトラーパニから南に約30キロ、マルサラという街にほど近い場所に位置するDonna Franca(ドンナ フランカ)。カンティーナ併設のアグリ、とは言えないほど立派なカンティーナを持ち、無農薬栽培の葡萄畑に囲まれた地上のオアシス。

さて、シェフの料理教室を担当するのは、ドンナフランカのシェフのマリアさん。

f0226106_22152335.jpg


シェフ=男性=若い、、、と想像しました??Donna Francaのシェフは2人の子供をしっかり育て上げたマンマシェフ。しかし、レストランで働く事20年!ダンナ様はかつて葡萄畑のオーナー&野菜農園経営だったそうで、自家製ワインも造っていたそうです。(現在は葡萄畑のみを経営しているそうです)そんな美味しい食べ物&ワインに囲まれて生活するマリアさんの料理はバリバリのシチリア料理、、、ならぬ「マルサラ料理!!」

バリバリのマルサレーゼ(マルサラ人)であるマリアさん。生徒さんの「これはシチリア風ってことですか?」という質問に、

「マルサラ風よ!!」

確かに、私がトラーパニのマンマ達から習った料理と若干違う、、、。どう違うかって?例えば、「魚のスープ(zuppa di pesce=ズッパ ディ ペッシェ)のとり方」。トラーパニでは、「トマトピュレ」が良く使われるのに対し、マルサラでは「濃縮トマト(=estratto di pomodoro)」を使う人が多いらしいです。詰め物に入れる具材も若干違う。(これはトラーパニVSパレルモでも随分違うんですよね~)

そして極めつけは、名前が違う!

あるとき、ドンナフランカにてメニューの調整&レシピ作成をしていました。

「じゃ~、ドルチェにはカッサテッレ(リコッタの入った揚げ菓子)って事で」

と決定した後、レシピを聞いていると、、、あれ??なんだか違うんじゃない??あーだこーだ、私が説明をすると、ドンナフランカの面々が一斉に、

「それは、○×○×○×よ!!!」(方言バリバリで聞き取れません・笑)

そう、ドンナフランカの面々はみんなバリバリのマルサレーゼ(マルサラ人)。

トラーパニ⇔マルサラ、たったの30キロなんですけど、、、、(汗)


イタリアは街ごとに独自の歴史を持つため、たったの30キロでも文化が変わってくるのです。(方言も違います)これまたトラーパニと大きく文化が異なるパレルモはトラーパニから約100キロ。30キロでも変わる文化、100キロ離れればそりゃ変わる訳ですよね、、、。(注・ここで言っている”相違”は、小さなものであり、大体の大きな傾向としてはやはり似ているシチリア西部の食文化です)

さて、マリアさんが5日間連続で教えてくれる「シェフに学ぶ料理教室+工場見学+観光 6泊7日@Donna Franca」が9月27日(月)よりの6泊7日で開催が決定しました!

最低催行人数が2名様となるこのプラン。こんなマニアなプラン(?)に2人で一緒に参加!ってことはほぼ有り得なくない??と思い、1名様からでもご参加できるよう、毎年、5月&11月の2回をベースに考えていたこのプラン。9月の開催はイタリア料理教室の先生からのご要望により、既に2名様のご参加が決定!ということで、一般公募も開始致しました。皆さんも一緒に、このマニアな世界に浸ってみませんか?(笑)というのは冗談で、マリアさんの家庭料理をベースとしたちょっとしたおもてなし料理にもなる料理の数々を私REIの通訳付きでみっちりとお教え致します。

6泊7日中、シェフの料理教室が5回、ワイナリー見学&オリーブオイル工場見学&塩田見学、そしてトラーパニでの市場&食材見学、エリチェ観光、セジェスタ観光、、、と、盛りだくさんのプラン!短期間で西シチリアの食&観光が一気に楽しめます。

ご興味をもたれた方、詳しくはコチラをご覧下さい。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2010-07-21 20:57 | お知らせ