2010年 11月 30日 ( 1 )

ドミンゴ家には冬がやってきた ~ 冬の定番 Pasta in brodo(パスタ イン ブロード)~

2週間前には北から風が入ってきて11月中旬だったのにグッと冷えたトラーパニ。ところがここのところアフリカからの風シロッコが吹き荒れ、気温もグーンと上がり連日20度を越す暖かい(というか生暖かい)気候となっています。

ここのところ忙しくて行っていなかったイタリア恒例、「日曜日に家族が集まる会@ドミンゴ家」に行きました。考えてみたら最後に行ったのは9月、、、、な、なんと2ヶ月も経っていました。ドミンゴ家はトラーパニの街を出てから10キロほど内陸部に入った田舎にあります。ゼロメートル地帯のトラーパニに比べれば、標高150mと少しだけ高くなっている、そして田舎なので空気が流れているので、トラーパニよりは気温が少し低いドミンゴ家。そして夏には灼熱の太陽が遮るものなく照りつけるためすんごく暑い(汗)それでも石造りの家の中はヒンヤリと涼しいのですが、、、冬は激寒!

日曜日も外はポカポカだったのに、家の中はサブッ!外はカットソー一枚だったのに、家に入ったら思わずコートを着てしまいました(逆だよね~・苦笑)そしてキッチンに入るとホンワ~リとした私の大好きな香りが♪

f0226106_1725568.jpg「これで今日は温まるわよ~~~」

と、マンマが作ったのはこれ→。

お肉のブロードで作った冬の定番、Pasta in Brodo(パスタ イン ブロード)。

朝からコトコトと煮る事数時間、お肉のブロードをとり、ブロードの中にちっちゃな米粒みたいなパスタを入れて煮込みます。今日のパスタは「Lingue di assero(リングエ ディ パッセロ)」、すずめの舌という意味のちっちゃなパスタ。すずめの舌なんて見たことないけれど、それくらい小さいってことでしょうかね(笑)米粒みたいなスープ用パスタは日本ではあまり馴染みが無いですがイタリアでは極々一般的。Lingue di passeroのほかにも「Pinoli(ピノーリ)」、松の実という名のものも良く使います。Lungue di passeroよりすこし太っちょな感じです。

ドミンゴ家の食卓にはそれぞれの季節の香りがあります。パスタ イン ブロードは冬の香り。寒い冬に良く作られる料理だから。この日、外は暖かかったけれど家の中は寒くなってきているのでマンマはパスタ イン ブロードにしたのでしょうね。

今日で11月も終わり。明日からクリスマス(12月!の間違いです、、、笑)。冬の訪れを感じたドミンゴ家の日曜日でした。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2010-11-30 16:58 | シチリアマンマの季節の食卓