2010年 12月 17日 ( 1 )

2011年お歳暮 チョコレートタルト、、、?

今年もいよいよ残すところ2週間ちょっと。クリスマスはもう来週です、、、。イタリアではクリスマス前に、お世話になった方々にプレゼントを贈る習慣があります。クラシックなのは大きなカゴに入った食材詰め合わせセット。ワインや食材やお菓子や、、、50ユーロ相当から上は際限なし!(平均50ユーロくらいが多いらしいです←食材屋談)日本で言ってみれば、お歳暮のビール詰め合わせとかハム詰め合わせみたいな感じ?それに比べると随分オサレな感じもするイタリアの詰め合わせです(笑)

私の連れC氏には仕事柄(はて、何の仕事でしょ?)、この時期、沢山のお歳暮が届きます。先週のある日。

「今日はチョコレートトルタをもらったんだよ~。」(ちなみにイタリア語ではタルト→トルタ。日本語と逆に読みます。)

ドルチェ大好きな私に、夕方わざわざ電話をくれました。今日の夜ゴハンはチョコレートタルトだ!と張り切る私(笑)家に戻ってきたC氏、、、もちろん私が待っていたのはC氏ではなくタルト!

ジャジャ~ン!

f0226106_222098.jpg


ズッシリと重く、外側は相当頑丈にチョコレートでコーティングされています。はて、中はなんだろ?ザッハトルテみたいなケーキかな?ワクワクしながらガサゴソガサゴソ、、、、、異常に厳重に包まれている包み紙を開けていくと、、、

あら?あらら???

フタが、、、フタが開いちゃった!!

な、なんと、、、チョコレートの箱でできたチョコレートの詰め合わせでした。。。。(驚)

f0226106_2262870.jpg


思わず顔を見合わせてしまった私達。タルトと一緒に食べよう!と思って淹れた紅茶は、、、どうする??(苦笑)

思わぬ展開となったチョコレートタルトですが、それはそれで嬉しくもあり♪ 毎日モリモリと食べています。

イタリアのお菓子って「甘い、パサパサしている」と敬遠されがちですが、チョコレートは意外と美味しいんです。この、ビックリチョコレートタルトを作ったのはトラーパニではなくパレルモ県の小さな村にあるお菓子屋さんですが、そんな小さな村にもこんなアイディアチョコレート職人がいるかと思うと、ちょっと驚きましたが。

続々と届くC氏のお歳暮、、、毎年楽しみな12月です♪

★しばらく更新が滞っていた「シチリア時間BLOG2」。更新を再開しましたのでご覧くださいまし。→ こちらから。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2010-12-17 02:27 | シチリア菓子・パン