2010年 12月 28日 ( 1 )

畑からの贈り物 フィノッキオを食べる

f0226106_2124125.jpgクリスマスモードもすっかり抜け、平日モードのイタリア。今年のクリスマスはお食べ地獄は回避した私ですが、何かと食べる機会が多い年末年始。普段の生活は極々シンプルに食したいものです。

クリスマス明けの昨日、ドミンゴ家から畑の贈りものが届きました。どっさりのオレンジと畑の甘いフィノッキオ♪ そして冬にできる長ネギみたいなネギ。ドミンゴ家の畑でとれるフィノッキオは何故か市場で売っているものよりも甘いんです。フィノッキオは消化を助ける作用があるらしく、ドミンゴ家では食後にフルーツと一緒に出てきます。1個のフィノッキオを4~6等分にして切っただけの状態で出てきて生でボリボリかじるんです。フィノッキオのアニスのような爽やかな香りが、確かに胃の中をスッキリしててくれるような。今日はごっついフィノッキオが3つ届きました。本当は生でボリボリ、、、が美味しいのですが、今日は3つもあったので別の方法で食すことに。

私がフィノッキオを大量に消費したいときに良く作るのが「フィノッキオのグラタン」。フィノッキオとベシャメルソースって相性が良いのはご存知ですか??フィノッキオと言えば、生か茹でるか、、、しかバリエーションのない私でしたが、数年前に友人宅でフィノッキオの上にベシャメルソースをたっぷり乗せてオーブンで焼いたグラタンを食べてから、フィノッキオといえばベシャメル!というくらい我が家では定番となりました。オーブンから出てきたばかりのフィノッキオはホクホクしていて、生で食べるのとは別の美味しさです。


f0226106_016251.jpg


■ フィノッキオのグラタン ■

フィノッキオ (キャベツでも代用可)
ベシャメルソース(ゆるめのものが使いやすい)
細挽きパン粉
塩/コショウ

① フィノッキオを水で洗い縦6等分に切る。(ヘタや周りの茶色くなっている部分は取り除く)
② パスタを茹でるくらいの塩水で約15分、やわらかくなるまで茹でる。
③ オーブン皿に軽くオリーブオイルを塗り、フィノッキオを並べたら軽く塩、コショウをする。
④ ベシャメルソースをたっぷり上からかけ、更に細挽きのパン粉を乗せる。
⑤ 200度のオーブンで20分、パン粉に軽く焦げ目が付くまで焼く。

とっても簡単なので作り方を、、、と思ったのですが、考えてみたら日本でこんなにフィノッキオをたくさん使えない(笑)キャベツでも代用できるので(当然味は違いますが、、、)試してみてください。ちなみにこの前は1枚1枚茹でたちりめんキャベツを茹で、フィノッキオとベシャメルをくるんでオーブン皿に並べ、更にベシャメル&パン粉をかけてオーブン焼きに。とってもクリーミーで美味しかったですよ~。ベシャメルソースは検索するとたくさんの作り方が乗っていますが、私は少し軽めにするためにバター半分、オリーブオイル半分で作っています。

牛乳1リットルに対してバター100g、薄力粉100g、塩、コショウ少々

これが基本。ただ、これだと相当ブルンブルンになっちゃうので、私は薄力粉の量は少な目にしています。そのうち、オリーブオイルバージョンもレシピをしっかりと固めようかな。(いつも適当に目分量なので・笑)

今日は焼きたてのフォカッチャと合わせてヘルシーランチ。(ヘルシーか?)ここのところパン作りにはまっています。パン作りは発酵のタイミングが重要なため、家を留守にしがちなお客様が連続していらっしゃる季節、つまり春~秋には出来なません。寒いこの時期は発酵温度や発酵時間の調整がなかなか難しいのですが、実験気分で楽しんでいます。微妙な失敗作もたくさんありますが、自家消費用なので多少失敗しても食べられるし(笑)ここしばらくパンは買っていません。シチリアのパンは隠れた美食!と言っても過言ではないほど美味しいのですが、家で作るパンはそれはそれで美味しいものなんですよね。

冬の料理はキッチンも温まるし、、、、オウチゴハン、万歳!


<お知らせ/重要!>
お正月に向けて「メールの数がグンと減って、、、」と思っていたここ数日。な、なんとサーバーの不調により12月28日22:00頃よりメールが受信できなくなっていたことが発覚しました。送っていただいたメールはこちらに届かず、皆さんのお手元に戻っていたようです。来年のプランなどでご連絡いただいていた方、大変ご迷惑をおかけいたしました。ようやく復旧したようですので、お手数ですがメールを再送お願いします。。。。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2010-12-28 20:55 | 私の食卓