2011年 01月 07日 ( 1 )

1月6日で、、、ようやくクリスマスが終了です!~私の理想のお宅拝見!~

12月8日のマリア様がキリストを受胎した日(Immacolata Concezione=インマコラータ コンチェツィオーネ)から始まったクリスマスは、1月6日のキリストの誕生をお祝いして東方から三博士がやってきたエピファニアの日でやっと終了します。12月8日もイタリアは祝日となりますが、1月6日も祝日。本日を持ってお食べ地獄から解放される嬉しい日でもあります(笑)

さて、今日のランチはドミンゴ家で、、、じゃなく、ドミンゴマンマの娘、マリアピアの家でのランチとなりました。彼女の家、実は私の理想の家、、、でもあるんです。

f0226106_4592552.jpg


キッチンはカントリータイプで、全面タイルがはってあります。陶器好きの彼女の家は時計も、ランプカバーもシチリア陶器で統一されていてカワユイ~♪ そしてキッチンからドアを開けて外に出ると、、、、。

f0226106_524437.jpg


ここは夏用の食卓。青と黄色のタイルが張られたキッチンはこれまたステキ。

f0226106_5142388.jpg


外のキッチンには古い道具が何気なく飾られています。右したの写真、これ昔のパスタマシーンです。トルキオと言って、真ん中の穴が開いている部分に捏ねた生地を入れて、グルグルと回すと下からニュルニュルとパスタが出てきます。穴の部分につけるディスクには色々なパターンがあって、ディスクを変えることで様々なパスタが出来る、っていう仕組みです。これはマンマが使っていた本物。右上の写真はなんだか分かりますか??外キッチンには薪釜もあって、夏は時々ピッツァパーティーをします。銅製の昔の蛇口も私のお気に入りのひとつ♪

庭にはブラッドオレンジ(タロッコと呼びます)が2本、ブラジリアーノ(オレンジの種類)、マンダアランチャ(マンダリンとオレンジの掛け合わせ)がそれぞれ1本、それとレモン1本あります。どれもタワワに成っていて、これがまたおいしいですよぉ~。うちはいつもマリアピア宅からもらっていきます。

f0226106_5185936.jpg


裏には家庭菜園もあります。今は、カルチョーフィ、ブロッコロ(という名のカリフラワー)、フィノッキオ(ういきょう)などが植わっています。

f0226106_523281.jpg


左にあるドでかいサボテンはフィーキ ディ インディア。日本語名は「ウチワサボテン」、ウチワのような形をしているから。通常、塀と同じくらいの高さなのですが、ここの家のは生育良く、すっかり木になっています。なんでもかんでも超ド級に成長するシチリアの植物達(笑)

f0226106_5295029.jpg


そして家の中には暖炉、、、。田舎にあって、家の外には家庭菜園、そしてタイル張りのキッチンに夏用のテラス、、、まさにこんな家が欲しい!というようなマリアピアのお宅。家はピカピカですが既に築10年以上が経っています。というか、昔はここに親戚が住んでいたらしくその前にあった家は築150年以上らしいですけどね。

さて、家の話が長くなりましたが、、、。本日のランチ。

f0226106_5333328.jpg


きちんとクリスマス用のテーブルセッティングがカワイイ♪ パスタは「フジッリのキノコ入りラグー」。さすがマンマの娘。シンプルですがおいしい一皿でした。ワインは、マリアピアのパートナーがエノロゴ(ワイン醸造家)をつとめるカンティーナの赤ワイン、Nero D'avola。マリアピア宅での食事はワインが美味しくって嬉しい(笑)セコンドは庭で炭火で焼いた「カルネ ミスト」。豚肉、鶏胸肉、牛肉、サルシッチャ、などなど、適当に好きなものを取って食べます。サラダは庭で取れたフィノッキオ&サラダ菜。フルーツはもちろん庭のオレンジ。

そして1月6日は、、、ベファーナ!

1月6日はキリスト宗教上のお祝いなのですが、いつからか「ベファーナ」というホウキに乗ったカワイイ魔女が、良い子にしていたらお菓子をたくさん!悪い子だったら「炭」を持ってくる、、、という子供のお祝いの日でもあるんです。

f0226106_5402964.jpg


これ、「炭」をイメージしたベファーナ付きのトルタ(笑)中はシロップがたっぷり染み込んだスポンジにリコッタ、そして周りはチョコレートで覆われていました。カロリー超高そうでしたが美味しかった!
[PR]
by lacucinasiciliana | 2011-01-07 05:23 | Festaな食卓