2011年 01月 10日 ( 2 )

シチリア風 オレンジとマルサラワインのデザート

シチリアの冬の果物と言えば、やっぱりオレンジ。この時期、メルカートには山積みになって色々な種類のオレンジが売っています。日本では

フルーツ=デザート

という感覚ですが、ここイタリアでは、フルーツはフルーツ、デザートはデザート。つまりフルーツを食べた後にデザートを食べるわけです。(実は私もイタリア人的意見に激しく賛同!ですけどね・笑)そして、日本ではカットしてテーブルに並ぶフルーツですが、イタリアではドンッ!とフルーツバスケットに色々なフルーツが盛られ、各自、自分の好きなものを自分で皮を剥いてカットして食べます。もちろん男性陣も自分で。

私も通常はこんなスタイルですが、友達を食事に招いたときだけ、フルーツポンチを作ったり、簡単なデザート風フルーツ(?)を作ります。冬に決まって作るのが超簡単で美味しいこの一品。

f0226106_0513627.jpg


■ シチリア風オレンジとマルサラワインのデザート
L'Arancia Siciliana alla Marsala con le Mandorle~シチリア産オレンジとアーモンドのマルサラ風味~


<材料>
オレンジ 1個
グラニュー糖 少々
マルサラ酒 適量
アーモンド 適量

① オレンジの皮を剥いて輪切りにする。
② アーモンドはフライパンで乾煎り、もしくは180度のオーブンで、色が付くまで焼く。
③ アーモンドが冷めたら、米粒くらいの大きさに包丁で切る。
④ ①のオレンジをお皿に並べ グラニュー糖をパラパラと振りかけ、マルサラ酒をスプーンを使って全体に回しかける。
⑤ ③のアーモンドをパラパラと乗せる。

コレダケ!
マルサラ酒の代わりにラム酒を使っても美味しいですが、ラムはアルコール度が高い(40%ほどあります)ので、かけすぎに要注意!グラニュー糖の量はオレンジの甘さによって調節してください。黒砂糖を砕いて振りかけてもも美味しそうですね。日本で売っているオレンジはすんごい甘く酸味が少ないので、もしかしたらお砂糖はいらないくらいかも。

合わせたマルサラはフローリオ社のベッキオ フローリオ セッコ。私はさっぱり仕上げたいのでセッコを選びましたが、セミセッコなど、甘いマルサラを合わせても美味しいですよ。シチリア産オレンジ+マルサラワイン+シチリアのアーモンド、シチリア万歳!という一皿です。

カリカリとしたアーモンド食感と香ばしい香りがオレンジとマッチ。若干、火を通しても美味しい一品ですが、せっかくのオレンジの風味を生で楽しみたい&フライパンを洗うのが面倒臭い!(爆)普段は皮を剥いてジュルジュル言いながら食べているオレンジも、こうしてお皿に盛るとなんだかデザートっぽくなるから不思議です。

オレンジの季節は4月下旬頃まで。まだまだ続きます!


f0229410_2594278.gif
■朝時間.jp 朝美人公式ブログ「ボーノな毎日!」もヨロシクです♪

[PR]
by lacucinasiciliana | 2011-01-10 21:01 | 私の食卓

シチリアの畑には春の兆しが

久しぶりにドミンゴパパの畑に出ました。

冬は朝露が降りるため、気温が上がらないと畑の土は湿っている状態。ドミンゴパパの畑の土は湿っていると、靴が2倍になるくらいドップリと土を拾ってしまうため、長靴を持参しないと畑に出ることができません。お正月からの晴天、それに続くポカポカ陽気(今日は20度以上に上がりました)で、ここのところ土は乾いていたので、久しぶりに畑に出てみると、、、。

f0226106_2445665.jpg


既にソラマメが顔を出していました!

ソラマメは私にとっては春の訪れを感じさせる植物。ソラマメとグリーンピースを庭で収穫して、軒先でみんなで鞘からマメを出すのは、ドミンゴ家の春の風物詩です。ちなみに、グリーンピースも結構成長していました。

寒い寒い!と思っているシチリアですが、カンパーニャ(田舎)でも霜が降らないシチリアは、やはり暖かいのでしょうね。今年もソラマメの収穫が楽しみです♪

f0229410_2594278.gif
■朝時間.jp 朝美人公式ブログ「ボーノな毎日!」もヨロシクです♪

[PR]
by lacucinasiciliana | 2011-01-10 02:47 | シチリアの畑から