2012年 03月 24日 ( 1 )

2012年春 REIの料理教室 in JAPAN ~シチリア食材を使いこなす編~

キッチンスタジオYOKLで参加型の料理教室を開催したその翌週の日曜日はデモ方式の料理教室、「シチリア食材を使いこなす編」を開催した。

第4回目ともなると、「初めまして」の方よりも「お久しぶり!」と挨拶する生徒さんが増えてきたこの料理教室。シチリア食材、一度はレシピ本や雑誌のレシピに惹かれて購入してみたものの、

「冷蔵庫であまっちゃっているのよね~。どうやって使ったらよいのかしら?」

という声をシチリアでたくさん聞き、それならば一つの食材に特化した料理教室も面白い?と思い、日本で始めたのだった。

今回のテーマは

「ドライトマト」

第1回目のケッパーに継ぎ、使いこなせなくて困っているシチリア食材の一つだと私は認識している。

料理教室では、自家製ドライトマトの作り方から、ドライトマトの種類と使い分け、保存食作り、保存方法等々、、、今回ご紹介したレシピだけではなく、皆さんが今後ドライトマトを使いこなすヒントとなるようなお話を心がけた。

f0226106_3391837.jpg


デモ方式が故に皆さんには一連の流れを見ながらポイントを逃さずに見ていただくことができる。実際に食材には触れないため、使う材料は少しずつ取って皆さんに回してみていただく。

f0226106_344427.jpg


食材を手にとって、香りを試し、食べてみる事で、シチリア現地でどのような食材が使われているか感じていただきたいからだ。(多くの食材は私がシチリアから運んでいる)

f0226106_3471854.jpg


デモ方式ではあるが、今回は数名の方にインボルティーニ(巻物)を実際に巻いていただいた。簡単そうで難しいこの作業、きっと巻かずに見ていた方も参考になったと思う。

さて、一通りデモ方式のレッスンが終わったらお楽しみの試食だ!

f0226106_3525798.jpg


今回はアンティパスト4品、パスタ1品、メイン1品の計6品、全てドライトマトを使った料理だ。試食とは言えども、女性ならば十分満腹になるくらいの量は準備している。

f0226106_3573717.jpg


この日の教室でも、前週の料理教室と異なる日本未入荷のシチリアワインをご賞味いただいた。このワイナリー、最近の私のお気に入りでもあり、特に白ワインが美味しい。こうして現地から直送するワインを味わっていただけるのも私の料理教室の特徴の一つかと思う。日本に入荷されていないオイシイモノ、まだまだシチリアにはあるのだ。

こうしてこの日も昼と夜、2部構成で楽しく料理教室を終えることが出来た。

「食材を使いこなすコース」の私の目標の一つ、それは皆さんが、

「レシピだけではなく、たくさんの”ヒント”を持って帰れる事」。

料理はレシピを見て作るのも楽しいが、食材からインスピレーションを感じて、自分なりにアレンジしてみるのも、これまた楽しい。実際、このコースでは、伝統料理と伝統料理を私が少しアレンジしたものを織り交ぜて紹介している。私がアレンジしたメニューはシチリアで一度食べて「もっとこうすれば美味しいのに、、、」と感じて試作を繰り返したものだ。しかし、インスピレーションを感じるには「その食材を良く知る事」がとても重要である。その特性を知っていれば大きく失敗する事も少ないであろう。

今回も皆さんそれぞれが「ヒント」を得てくれていたら嬉しい。

■生徒さんブログに紹介に紹介していただきました■

■Sicilia Francesca
■La Vita
■転食日記ブログ2
■「青い森」日記

他にもご紹介していただいた方がいましたらご連絡下さい。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2012-03-24 04:11 | REIの料理教室@JAPAN