2012年 10月 01日 ( 1 )

秋のアスパラガス

f0226106_1834956.jpg


昨日の日曜日、毎週日曜日はドミンゴ家でランチが定番だが、昨日はちょっと体調不良のため、私は家に残って静養。夕方、ドミンゴ家ランチから戻ってきたC氏、

「これ、父ちゃんからだよ」

と言って私に手渡してくれたものは、採れたてのアスパラガスの束と卵2ケだった。

先週ドミンゴ家を訪れた時、畑の端っこに藁がかぶさっているのを見つけた私。これ何??

「あ、そこはね、春にアスパラガスが生えるでしょ?アスパラガスって、本来春と秋が季節なんだけど、ここは水分が足りないから秋は生えてこないんだよ。そこでさ、今年は実験してみたのさ。水をたっぷりまいて藁をかぶせて水が蒸発しないようにしてみたら生えてくるのでは?と思ってさ。そしたら予想通り!たくさん育っているんだよ。」

先週の日曜日は収穫したばかりで、少ししか生えていなかったのを残念がっていた私。そんな私を見ていたから、、、かどうは分からないが、たくさんのアスパラガスをC氏に託してくれたのだ。

一緒に持たせてくれた産みたて卵2個からは

「これでフリッタータを作れ。うまいぞ。」

と、お父さんの声が聞こえてきた。

「まだまだ修行なんだよ。畑は一生勉強だからね。」

子供の頃から畑に触れて既に80歳を超えるお父さん。そんな謙虚な姿勢、そして大自然に敬意を払う姿勢にいつも頭が下がる思いだ。そんなお父さんに大いなる敬意を払いながらアスパラガスを頂こうと思う。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2012-10-01 06:08 | シチリア・旬の食材