2013年 01月 07日 ( 1 )

1月6日には魔女ベファーナがやって来る!

f0226106_177582.jpg


イタリアでは12月8日、マリア様のお母さんがマリア様をご懐妊した日、通称「インマコラータの日」から1月6日に東方から三博士がキリスト生誕のお祝いにやってくる「エピファニア」までがクリスマス期間となる。日本では24日のクリスマスイブが過ぎると既に片付けられてしまうクリスマスツリーだが、イタリアではエピファニアが終わるとクリスマスツリーや街のイルミネーションが撤去される。

さて、1月6日はキリスト教上、重要な意味を持った日であるが、それとは別に、「ベファーナ」という魔女が子供達にお菓子を運んできてくれる日でもある。ベファーナはイタリアでは「男版サンタクロース」と言われていて、この日にプレゼントを渡す人も少なくない。大抵の人は、大きな靴下の中にお菓子をたくさん詰めて子供達にプレゼントするのが習慣だ。

良い子にしていたら、チョコレートやキャンディを、悪い子には「炭」を運んでくるといわれるベファーナ。

「良い子にしていないとベファーナが炭を持ってくるわよ!」

この時期、マンマ達がこんな事を子供言いながら注意しているのを、街で時折小耳に挟んだりもする。

ベファーナは、子供の枕元だったり、クリスマスツリーだったり、ドアノブだったり、、、とにかく、子供のいる近くにお菓子を置いていくという。今年は私のところにもベファーナがやってきた。

中をあけてみると、、、。

f0226106_17103824.jpg


お、さっそく炭が入っている、、、。私はどうやらただの「良い子」では無かったようだ。そして炭に続いて、

f0226106_17154658.jpg


ちゃんとチョコレートやキャンディーも入っていた。

この日が終わると、長かったクリスマス休暇も終了して、ようやく通常モードに戻るイタリアだ。ちなみに1月6日エピファニアはイタリアでは祝日扱いである。

今年のクリスマス終了はベファーナが思いがけず我が家にもやってきた、という、楽しい1日となった。本来子供のためにやってくるベファーナだが、大人でもこんなプレゼントは意外と嬉しいものである。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2013-01-07 17:18 | シチリア菓子・パン