カテゴリ:本( 1 )

オススメの本 ~脳をつくる、カラダをつくる、きりん幼稚園のごはん~

f0226106_1144023.jpg


先日、我が家に小包が届きました。中を開けてみると、一冊の本。

「是非読んでみてください♪」

と知り合いの編集者の方が送ってくださってくれた本でした。

「脳をつくる、カラダをつくる、きりん幼稚園のごはん」

へ~、子供のゴハンの本か~、、、週末にゆっくり読もうかな、と思ってペラペラ、、、とページをめくったのですが、ついにそのまま最後まで読んでしまうほど、興味深い本でした。

舞台は福岡にある大人気幼稚園という「きりん幼稚園」。五感を育て子供の個の性格、土の中の根っこを育てることを教育方針としているというこの幼稚園では、独自の給食で子供のカラダ作りを展開しているそうで。そのきりん幼稚園の「給食レシピ+アレンジおうちごはん」を紹介しています。

栄養のバランスを考えたメニューですが、作り方を見てみるとこれが簡単!子供だけではなく、大人メニューとしても使えそうなゴハンがたくさん紹介されています。忙しいお母さんだけではなく、忙しいシュフにも活用できそうです!

そして、この本の大きな特徴。ただレシピを紹介するだけではなく、栄養について、脳について、「食べる」ということについて、、、、様々な角度から「食」を見つめています。新しいタイプのレシピ本(?)です。食事だけではなく、幼稚園の中でどういう生活を子供達が送っているのか、どうやったら子供達が楽しく食事をできるのか、食を通して子供の教育についても語っています。

「食は生きる原点なのだ」

脳をつくる、カラダをつくる、という事だけではなく、幸福をもたらす「食」。やっぱり生きていく上で、食べることはとっても大切なことなのだな~、と改めて思いました。

小さなお子さんをお持ちのお母さんにはもちろんのこと、栄養のバランスの良い食事を心がけたい、忙しくてなかなか料理をするじかんがない、そんな方にもオススメの一冊。簡単に作れるバランスの良い食事のヒントがイッパイ詰まっています。是非、キッチンの片隅に一冊、オススメです。

■脳をつくる、カラダをつくる、きりん幼稚園ごはん
キリン幼稚園編
中央公論社
Amazonでの購入はこちらから
[PR]
by lacucinasiciliana | 2011-04-15 23:38 |