「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:お知らせ( 13 )

今月も「料理通信」!

f0226106_20281476.jpg


先月に続き、今月も書かせて頂いた「料理通信8月号」

私が寄稿したのは第2特集の「暑さに打ち勝つ夏のスープ」。タイやベトナムのアジア勢に混ざり、シチリアから夏のスープ2品を提案した。

私のシチリア料理のベースとなっているのは「マンマの味」。独創的に作ったものではなく、長く家庭で受け継がれてきた数々の料理である。

伝統料理は非常に理にかなっているものが多く、そして季節感を感じさせてくれる。そして絶対なのが美味しいこと。長く受け継がれるにはそれなりの理由があるのだ。

今回提案した2品も、シチリアの家庭で頻繁に登場する夏の人気メニュー。いずれも食欲がなくても喉を通り、野菜たっぷりで胃にも優しいスープなので日本の暑苦しい夏にの夜に是非試していただきたい。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2011-07-06 05:09 | お知らせ

タイトル変更のお知らせ

2010年3月から始めたこのブログ「La Cucina Sicilana~シチリアの台所から~」。

最初は旬の食材を使った料理をメインで紹介する予定だったが、料理もだけれど「シチリアの食全般」について、様々な事を綴っていきたい、、、と思い始めた今日この頃。「シチリアの台所から」というブログのタイトルもなんだか不自然に思えてきたので、思い切ってブログのタイトルを変更することにした。新しいタイトルは

「シチリア食通信 ~時々イタリア~

”時々イタリア”と入れておいたのは、食文化比較、、、という事で、シチリア以外に旅行に行った土地での食文化も織り交ぜて行きたいと思ったから。

タイトル変更に伴い、スキンも変えてみた。

内容はこれまで同様、シチリアの「食」をレポートしていきたいと思う。これからもどうぞヨロシク、、、、。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2011-07-05 01:16 | お知らせ

シチリアで過ごす優雅な夏のバカンスとカンティーナ見学

f0226106_18494331.jpg


懇意にしているマルサラの新鋭カンティーナCaruso e Minini(カルーゾ エ ミニニ)から極上のシチリアバカンスの案内が届いた。

シチリアのラグジュアリーホテルの中でもかなりラグジュアリー感が高いKenpinski Hotel(ケンピンスキー ホテル)に宿泊(1泊朝食付き)、そしてCaruso e Mininiのカンティーナ見学&ワイン試飲、更にマルサラでの夕食、すべてをパッケージにして2人で300ユーロという破格の価格!宿泊期間は2011年8月8日~8月25日までの限定で、売切れ御免。予約が殺到か??

ケンピンスキーホテルは通常でも1泊500ユーロは下らない5ツ星ホテル。マルサラより数十キロ下ったマッザーラ デル ヴァッロにある。私も一度、友人の誕生日会に招かれて行ったことがあるが、それはそれは色々な意味でゴージャスなホテルであった。客室はスタンダードでも48㎡と全室スイートタイプ。ホテルでゆっくり過ごしたい人のためのゴージャスホテル。なぜか分からないが、マッザーラ デル ヴァッロ、、、という、特別有名でもない街、しかもその郊外にできたのはホテルを楽しむためであろうか。

この最高のバカンスを提供してくれたCaruso e Minini。その名も、カルーゾさん一家とミニニさん一家のという2つのファミリーのコラボレーションで産まれたマルサラ最新鋭のカンティーナだ。マルサラから東の内陸部にワイン畑を持つこのカンティーナ。創立間もないが最新の技術を用いて作るワインは非常に
美味しいと評判。今、マルサラでも注目を集めている造り手の一つだ。

f0226106_191964.jpg


マルサラにある多くのカンティーナがそうであるように、Caruso e Mininiも前身はマルサラワインの生産者。マルサラワインは元々はイギリスに輸出するために醸造されていたので、大半が船に乗せるのに便利なように港の近く、つまり街の中にあるのである。そのため、ワイン畑までは少し遠いのだ。

パッケージにて訪問するのは、マルサラにある醸造部門。ここで数種のシチリアワインを軽いおつまみと一緒に試飲する。夕食はマルサラにあるCaruso e Mininiおすすめのトラットリアにて。これもパッケージに含まれている。夕食はマルサラ、若しくは、マッザーラ デル ヴァッロ、どちらでもOKだという。ちなみにマルサラ⇔マッザーラ デル ヴァッロ間は約28km。車がないと厳しいパッケージなのでレンタカーをオススメする。

イタリアをはじめ、ヨーロッパ在住者には本当に嬉しいこのバカンスのご案内。希望する場合はこのブログのコメント欄に鍵コメでメールアドレスを記載。とは言うものの、突然シチリアまで飛ぶのは難しいか、、、。私は本気で1泊プチバカンスを検討するのであった。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2011-06-30 19:13 | お知らせ

料理通信6月号は肉特集です。

時折、シチリアからの記事を書かせていただいている料理通信。7月号は「肉特集」です。

f0226106_20273790.jpg

一度、衝撃の出会いをしてしまうと、後々、忘れられなくなるのが肉との出会いです。赤身のステーキ、豚のロースト、生ハム、熟成肉……自分の好きな肉を語る時、その人の目は、恋する人を思い浮かべるように、どこかうっとりしています。

そんな“恋する肉ファイル”に、さらに追加したくなる衝撃の肉を、日本と海外に探しました。

肉好きはもちろん、肉好きでなくても、ハートをわしづかみにされる衝撃の出会いが待っています。
(料理通信のブログ TRIPPA通信より)



私もシチリアからの肉紹介をチョロリ、と書いています。既に6月6日に発売されているので、是非書店でお手に取ってみてください。書店に無い、という方は、料理通信ホームページからもご購入いただけます。

考えてみれば、2006年9月号に2ページ渡りインタビューを載せていただいたのがご縁で、その後、数々の記事を書かせていただいた料理通信。「シチリアの食」というまだまだあまり知られていない情報を発信できる数少ないチャンスを与えて下さる料理通信の編集者Oさんには本当に感謝なのでありました。

肉を食べて暑い夏を乗り切ろう!
[PR]
by lacucinasiciliana | 2011-06-08 20:28 | お知らせ

チャリティーディナーを開催します!@Slow Food Trapani

f0226106_22522149.jpg


Slow Food Trapani主催で日本への義援金を集めるチャリティーディナーが開催されることとなりました!

Slow Food Trapaniの代表、Franco Sacca'(フランコ サッカ)氏の呼びかけで、

「日本を応援しよう会」

が開催されます。

フランコは私の友人でもあり、彼の奥さん&いとこはラ ターボラ シチリアーナの料理教室の先生も引き受けてくれています。私とフランコの出会いはかれこれ6年前。私がまだモディカにいた頃、シチリア西部でスタージュするお店を探しているときにスローフード団体の知人を通してトラーパニのお店を紹介してくれたのがフランコでした。その後、1年、私がトラーパニに残ることを決めたとき、

「いやいや本当に嬉しいよ。なんでも協力するからね。」

と、応援してくれました。

フランコはスローフード関連で日本に2回ほど行ったことがあり、日本のテクノロジー、そして、日本人の礼儀正しさにびっくりした、とよく語っています。親日家でもあり、日本料理も大好き。そんなフランコが今回の日本の大震災に本当に心を痛め、、、

「何かボク達にできることはないかい?」

と言って来たのが私がイタリアに戻ってきた頃。その時の私はまだ気持ちがザワザワしている頃で、

「落ち着いたら考えよう。チャリティーで食事会でもできるといいね。」

と言ったまま2週間が過ぎました。そして昨日、

「レイコの代わりにボク達が義援金を集めるチャリティーチェーナを企画したよ!レイコも参加してくれるよね?」

との連絡。

「もちろん!」

と返事をしたのは言うまでもありません。

他のイタリアの街のように日本人会もなく、、、というより、この街に住むおそらく唯一の日本人である私。一人でも、小さくてもいいから自分のできる事を、、、と考えていました。そんなところに協力してくれる友人が出てきたのは本当に嬉しいこと!

まだ詳細は決まっていません。「皆さん是非ご参加ください!」と、言えないところが歯がゆいですが、私も日本人代表として日本の現状を伝えること、日本が素晴らしい国であること、そして世界の協力を得ながら必ずや復興できるであろうこと、、、日本人として胸を張ってがんばってきます!
[PR]
by lacucinasiciliana | 2011-03-30 23:04 | お知らせ

日本の美味しいネタ、募集中です!

f0226106_3354549.jpg


2月の下旬に帰国する事は、、、私の第2回目の料理教室 in JAPANやオリーブオイル講習会の告知でご存知だと思いますが。

今日は一つ皆さんにお願いがあります~。私の料理教室、オリーブオイル講習会が終わった後、C氏(私の連れでございます)が日本にやってきて約2週間ほどのバカンスとなります♪ ただ、、、、こっちにいる期間が長いせいか日本の情報に全く疎くなってしまった私(汗)

そこで皆さんに一つお願いが!

東京近辺、そして神戸近辺の美味しいお店や、こんな面白場所が!というところがあったら是非是非ご連絡くださいませ♪ コメントでもメールでも大歓迎です!

C氏、今回が2回目の日本となります。彼の希望としては、、、

1, 食べたいものは「和食」。しかしスタイルにこだわらず。B級グルメも大歓迎!
2, ボク新しいもの大好き!古いものは山ほどイタリアにあるから(確かにね~)新しいモノを見たいな~。
3, とは言っても、見たことないものばかりだから、ドコデモキョウミアリマス。

との事です(笑)

私も一体どこへ行ったらよいやら、、、(汗)皆さんからの知恵を拝借させてください。

お会いしたい方々もたくさんいるのですが、何せ時間が限られていて、、、(汗)次回(っていつよ、、、って感じですが)の帰国は1人で少し長めに滞在予定ですので、今回会えそうにない方、次回お会いしましょう!

では、日本のネタ、お待ちしてます!

<追記>
皆さん、たくさんの情報メールありがとうございました♪ いやいや、皆さん本当にグルメで、、、驚きです!しかし、ほとんどの方がB級グルメのお店を紹介してくださったのは、、、何故???(爆)どれもこれも行ってみたいお店ばかりでしたが、日数に限りがあって残念です。行ったお店は必ずブログにアップさせていただきますね★ 引き続き、情報募集中で~す。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2011-02-06 16:28 | お知らせ

3月2日(水)に東京でオリーブオイル講習会を行います!

(注)しばらくはこのエントリーを一番最初に置いておきます。新しいエントリーはこの下をご覧ください。(1月27日更新しています)

3月2日(水)に料理王国アカデミーサロンにてオリーブオイル講習会を行います!オリーブオイルについて熱く語るのはシチリアの優秀なオリーブオイルの作り手として知られるアルベルト・ガッルッフォ氏。通訳は私、REIが勤めます。オリーブオイルについての基礎知識と、オイルを上手に使う料理講習会、そして夕食会と盛りだくさんの内容です。オリーブオイル生産者から直接話を聞けるチャンスです!

美味しくって健康&美容にも良いオリーブオイル。皆さんも健康美生活の一歩を始めてみませんか?

詳しくはこちらをご覧ください♪

<1月27日追記>
* おかげさまで満席、となりました。現在、キャンセル待ちも受け付け中です。平日の夜なのに沢山の方にご参加いただき、嬉しく思っています!ありがとうございます★

★ 新しいエントリーはこの下↓をご覧下さい♪ ★
1月5日更新「1日の始まりはカッフェから ~illy カフェマシーン~」
1月7日更新「1月6日で、、、ようやくクリスマスが終了です!~私の理想のお宅拝見!~」
1月10日更新「シチリアの畑には春の兆しが」
1月11日更新「シチリア風 オレンジとマルサラワインのデザート」
1月13日更新「貧乏調味料??「シチリア名物 カリカリパン粉」 」
1月14日更新「シチリア伝統の一皿 1 「Pasta con le sarde~ 鰯のパスタ~」」
1月18日更新「シチリアでキノコ狩り」
1月20日更新「小麦が育ち始めました♪ ~硬質小麦について~」
1月21日更新「シチリア伝統の一皿 2 「Cous cous di carne~ 豚肉と冬野菜のクスクス~」
1月24日更新「私流リゾットの作り方 ~キノコとサルシッチャのリゾット~」
1月26日更新「今週は試作強化習慣です ~料理教室のレシピを決定する~」
1月27日更新「お魚屋さんでお買い物@シチリア ~イタリア人式三枚おろし~」
[PR]
by lacucinasiciliana | 2011-01-27 17:39 | お知らせ

お知らせ ~サーバーの不調によりメールが届いてませんでした!~

↓のエントリー、下に追記で書きましたが、

12月28日の午前8:00頃から12月30日午後17:00頃までに、info★tavola-siciliana.com宛てにメールを送ってくださった方、もう一度メールを再送お願いします!

サーバーがダウンしていたようで、メールを受信することが出来なかったようです。おそらく皆さんのメーラーに「届いていません」というメールが戻っていると思いますが、こちらにも届いていません。

お手数をおかけしますがよろしくお願い致します<(_ _)>

やけにメールの数が少ないな~、、、と思ったら届いていなかったのですね(汗)

幸い、いつも日曜日はお問い合わせもメール連絡も少ない私。(皆さん会社でメールしていると予測・笑)先週末、つまりサーバーがダウンする前から随分メールの数は減ってきていたので、ここ数日もメールを送って下さった方が少ないことを祈るばかりです。送ったけれど返事がない、、、お心あたりのある方は、もう一度メールを送ってくださいませ。

先ほど、復旧後、第一号のメールが届き、ホッと一安心。海外で生活をしていると、インターネットやメールの重要性をヒシヒシと感じます。インターネットで世界は繋がっているのね~~~。今は日本の情報も簡単に得ることが出来るし、日本への電話もネットを通せは安くできます。インターネットが普及していなかった時代に海外で暮らしていた方、日本に戻る度に浦島太郎状態だったのでしょうね、、、。

2日間もメールが届かず、ご迷惑をおかけしました。再度のご連絡お待ちしています!
[PR]
by lacucinasiciliana | 2010-12-30 23:31 | お知らせ

第2回 REIのシチリア料理教室 in JAPAN開催日程が決まりました!

f0226106_032687.jpg


今年、初めて開催した私の料理教室@日本ですが、早くも第2回目の開催が決定しました!

毎回ひとつ、シチリア食材をテーマに勉強するREIの料理教室 in JAPAN。今回のテーマ食材は、

「アーモンド」

シチリアは実はアーモンドの名産地、、、ってご存知でしたか?日本ではアーモンドというとほとんどがカルフォルニアから輸入されていますが、ここシチリアにはそこらじゅうにアーモンドの木があります。お菓子のイメージが強いアーモンドですが、生産地とあってはもちろん食事にも使います!

という事で、今回はアーモンドを使った料理+お菓子の講習会となります。

スタイルは前回と同様「デモ方式」となります。

■ 第2回 REIの料理教室@JAPAN ご案内 ■

日時・・・ 2月27(日) 11:00~14:00 → 満席となりました、 17:30~20:30 → 満席となりました→キャンセルが出たため1席あり
場所・・・東京都新宿区内 カフェレストラン(大江戸線若松河田より徒歩1分)
レッスン テーマ・・・アーモンドを使った料理
* メニューはアンティパスト、プリモ、セコンド、ドルチェ、全部で4~5品を予定
* グラスワイン2杯、カッフェが付きます
参加費・・・8,500円
定員・・・各回15名

お昼の部は前回いらして頂いた方&お問い合わせをいただいた方で既に満席となりました。(ありがとうございます!) 夜の部に少し余裕がありますので、是非いらしてくださいね。1回目はバタバタして参加してくださった皆さんとお話する時間も少なかったのですが、今回はたっぷりお話したいと思っています。食事中には質問コーナー(?)の時間も設ける予定です!ちなみに第3回目は2012年の予定となりますので、2011年にシチリア旅行を検討されている方、是非ご参加くださいませ~。会場にも沢山のシチリア通の方がいらっしゃいますよん。

参加を希望される方は、

giappone★tavola-siciliana.com (★を@に変えてください)

件名に「REIの料理教室 in JAPAN 参加希望」とお書きの上、上記アドレスまでご連絡ください♪

皆さんからのご連絡、お待ちしています♪

<追記>
レッスンは満席となりました。次回の開催は、、、未定です(笑) 次回もまたブログで募集をかけるので、希望される方はブログを覗いていてくださいね♪

<さらに追記、、、>
夜の部(17:30~)にキャンセルが出ました。1席空いています。


現在キャンセル待ちです。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2010-12-21 20:32 | お知らせ

料理通信にちっちゃなコラムが掲載されています

随分昔に書いたのですっかり忘れていましたが、、、。

料理通信11月号(10月発売)にシチリアの食に関するコラムをいくつか提供させていただきました。

「現地リポーターが案内するイタリアの味」

ゲラだと45ページ~49ページになっています。この中の約1ページくらい、シチリアから食ネタを発信しました。日本に行った時にチョロッとチェックしたのですが、すっかりブログに書き忘れていましたー。シチリアの他、フィレンツェからは池田 愛美さん、トリノから宮本 さやかさん、ミラノから須山 雄子さんが発信されています。

編集部から「イタリア発のマニアックなネタを、、、」と依頼が来たのですが、私が頭にパパパーと思い浮かんだネタを約20件送り、編集部に5件選んでもらいました。

「もう日本に入っていないネタはないですよ、、、という北部イタリアに対して、シチリアはやっぱり未知の土地ですね~、、、」

と、編集のお方。確かに。

シチリアに住み始めて5年以上が経ち、既に私にとっても日常となっているシチリアの食ですが、日本から見るとギョッ!とすることもまだまだ沢山あります。私も日々勉強です。

余談ですが、先日行った「REIの料理教室@JAPAN」にご参加いただいた皆さんにアンケートを送りました。続々とご返信いただいたのですが、その中でも非常に嬉しいお言葉を発見。「今回のレッスンで一番印象に残っていることは?」という質問に対してのお答え。

「REIさんの料理がシチリア料理になっていたことです。日本人が作るとなかなかあのようなシチリアらしい印象にはなりません」(M.Tさんからコメントをいただきました)

家庭料理はどこの国でも美味しい!と信じる私ですが、私の作る料理が現在自分が住んでいるシチリアの味に、、、、いやいや本当に嬉しい褒め言葉です。ありがとうございます。その他にも色々なご意見をいただき、次回の料理教室@JAPANに参考にさせていただきたいと思います。

と話はそれましたが、料理通信、書店で是非お手に取ってみてください♪
[PR]
by lacucinasiciliana | 2010-10-28 23:06 | お知らせ