カテゴリ:お気に入りのお店@日本( 4 )

「シチリア」を追求するシチリア料理店 Il Pistacchio(イル ピスタッキオ)

f0226106_0521280.jpg


2010年5月、シチリアに一人の青年が料理を勉強しに来た。その青年は、トラーパニで「トラーパニ料理」を勉強した後、シチリアを1ヶ月かけて一周しながら、シチリア各地の料理を勉強して日本に帰った。帰国後、数ヶ月してから、

「お店オープンします!」

という嬉しい連絡。そのお店はシェフ一人が料理もサービスもこなす、8席の小さなお店だ。シェフの「シチリア」への熱い情熱が関西のシチリアファンに広がるにはそう長い時間は要さなかった。数ヶ月後、既に「予約の取れない店」へと成長していたのだ。

そして、その青年は2011年11月、またトラーパニに戻ってきた。今度は、

「シチリアを、そしてシチリア人を肌で感じるために」

彼から

「カンティーナ シチリアーナで働きたい」

というメールが来たのは確かその数ヶ月前のことだったか。オープンしてたった1年しか経っていないお店を2ヶ月以上閉めて、シチリアに再来するというのだ。私も驚いたが、そこまでして「シチリア」を追求したい、、、という彼の想いを叶えてあげたかった。

カンティーナ シチリアーナのシェフ ピーノは二つ返事で快諾。青年はカンティーナ シチリアーナで2ヶ月間ほど働いて日本に戻った。


そして、先ほどブログでこんなエントリーを発見。

----------------------------------------------------------------------------------------------
イルピスタッキオ変わります。

・10月から3月までは野菜料理とお肉料理のみのご提供になります。
 4月から9月まではお魚料理のみのご提供になります。

※山や森にあるトラットリアはお魚料理ありません、また海沿いのトラットリアに
 ほとんどお肉料理はありません。

・カッフェラッテ、カップッチーノ、カッフェマッキアート、紅茶、止めます。
 エスプレッソコーヒーの美味しい飲み方、伝えていきたいです。
 コーヒー苦手な方には自家製リモナータご用意します。

※やっぱりカップッチーノ等、朝しか飲みません。
 食後に飲む?シチリア人はNOです。
----------------------------------------------------------------------------------------------

日本に帰国した時にイタリア料理店に行くと、違和感を感じることがある。それは何か?それが一気に分かったような気がした。

シチリアではその地方の伝統料理をメニューを変える事なくずっと作り続けるのだ。そして土地の人は自分のお気に入りの一皿を食べに来る。当然メニュー構成は「土地のもの」が基本だから、一貫性がある。青年の言うように、山のレストランで魚介料理はありえない。(あったとしても注文する人はほとんどいない)確かに日本では魚も肉も一緒に手にはいるわけだから、色々有りのメニュー構成が出来るわけだし、その方がお客様も楽しめるかもしれない。ただ、シチリアではそういうスタイルのお店は極少ないため、なんとなく違和感を感じる訳だ。

いや、これはシチリアだけではなくイタリア全土に共通する事だが、シチリアは観光客が大都市と比べると少なく、地元に密着した店が多いから余計に感じるのかもしれない。

青年はあくまでも「シチリア」にこだわる。何故そこまで?それはきっと私が「シチリア」にこだわる理由と似ているのかもしれない。ここシチリアは知れば知るほど強烈な土地だ。

青年のお店は大阪 茨木の駅の近くにある。関西地区に住むシチリアファンの方々、是非一度足を運んでいただきたいものだ。もう行ったし、、、という方も、再度足を運んでいただきたい。きっと新しいシチリアに出会えるはずだ。

■ Il Pistacchio(イル ピスタッキオ)
茨木市西中条町2-12 
tel.fax072-657-8733
ブログ http://alpadorino.exblog.jp/
[PR]
by lacucinasiciliana | 2012-02-10 05:23 | お気に入りのお店@日本

情熱シェフのシチリア料理店「Il Pistacchio(イル ピスタッキオ)」

f0226106_17122954.jpg


大阪府茨木駅のすぐ近く、シチリアの空気を感じられる小さなお店があります。

「Il Pistacchio(イル ピスタッキオ)」

イタリア語で「ピスタチオ」という意味のこのお店には、心にシチリアへの熱い熱い思いを秘めた情熱シェフがいます。

去年の5月、「シチリア料理を習いたい」という料理人がトラーパニにやってきました。日本でイタリア料理を10年作り続けてきた彼が習いたかった料理は「家庭料理」であり「伝統料理」であり、とにかくこの土地に根付いたもの。「ボク、シチリア料理店を開きたいんです」と熱く語っていました。私のレッスン、マンマのレッスン、そしてドンナフランカでの集中レッスンを受けた後、

「これからシチリアの食文化を肌で感じるために時間をかけて周ってきます!」

と言ってトラーパニを出発されました。旅の途中で数回電話をいただき、

「やっぱりシチリア、いいっすね~~~!」

「いいっすね~」という言葉の裏には、シチリアやシチリア人の表面的な良さとか、料理が美味しいとか、そいういうものだけではなく、当たって砕けろ精神でシチリア人の心を開かせ、言葉じゃない心の交流を図ることができた彼の充実感を感じました。

そして数ヵ月後。

「回転準備が進んでいます。お店のオープンも、もうすぐです」

そうして2010年10月、Il Pistacchioは檜森シェフの熱いシチリアへの想いでオープンしました。

私も昨年、ちょうどその頃に日本へ、そして京都へ行く機会があったので早速、シェフのシチリア料理を味わいに行ってきました♪

f0226106_1714441.jpg


あったあった。「CUCINA TIPICA SICILIANA」というこの文字。シチリアのたくさんのレストランにも書いてあります。シチリアっぽいね~(笑)

お店は全8席の小さなスペース。料理もサービスもシェフがひとりで切り盛りしています。

f0226106_17165742.jpg


メニューも手書きなのがカワイイ♪ 料理はシェフがシチリアを周って色々なものを見て食べてきたんだろうな~、、、という事を連想させるような構成でした。シチリア郷土料理が詰まっていますよ。

f0226106_17201844.jpg


メニューを待っている間にやってきたパンは、、、、おぉ!シチリアのゴマパンだ!きちんとセモリナ粉でやいている自家製です。

さて、私がこの日に選んだ料理3品。

f0226106_17225747.jpg


↑ ピスタチオのペンネ

f0226106_17242977.jpg


↑ クスクストラパネーゼ!

f0226106_1726189.jpg


↑ 肉の盛り合わせ

「クスクストラパネーゼのベースはマンマのものなんですよ。」

と、シェフ。嬉しいですね~、マンマの味を再現してくださいね。

お味はどれも美味しかったです。シェフの優しいお人柄が出ている味というか、、、しっかり美味しいのだけれど、決して攻撃的な味ではなく。

f0226106_17302025.jpg


シェフが料理の間にちょこちょこ出てきてお客様とおしゃべりしている風景もとっても微笑ましく、、、美味しく居心地の良い空間です。

シチリア好きの皆さん、是非足を運んでみてくださいね!

f0226106_17365443.jpg
■ Il Pistacchio(イル ピスタッキオ)

大阪府茨木市西中条町2-12 
tel.fax072-657-8733
web : http://alpadorino.exblog.jp/

*予約で埋まっている日も多いそうなので、必ず電話で空席状況を確認してください。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2011-04-07 17:18 | お気に入りのお店@日本

元気のでるシチリア陶器 De Simone(デシモーネ) kawaii

f0226106_2214378.jpg


シチリアを旅行した事がある人なら、、、シチリア好きなら、、、一度は見かけたことがあるであろう、太陽マークのシチリア陶器、De Simone(デ シモーネ)。

De Simoneの創始者であるGiovanni De Simone(ジョバンニ デ シモーネ)は、ピカソと一緒に机を並べたという真の芸術家。ピカソは鮮やかな色の作品をキャンバスの上に表現しましたが、デ シモーネはそれを陶器の上で表現しました。日本ではちょっとコミカルな鮮やかな陶器で知られるデ シモーネの作品ですが、ピカソのような抽象画的なデザインも実は残っているそうです。そう、デシモーネ陶器はもはやアートな作品なのです。

f0226106_2163516.jpg


デシモーネの陶器はどれもコレも本当に色が鮮やか!特徴のあるユーモラスなデザインが一度見たら忘れられません。そして不思議と人を魅了するこのデザイン、、、。見ているだけで元気が出ます!

日本で唯一、デシモーネ陶器を直接輸入しているのが中目黒にあるGirasole(ジラソーレ)さん。お店の中にはデシモーネ陶器が所狭しと並びます。

f0226106_213348.jpg


小さな小物から実用的なお皿、そして家のインテリアになるアクセントになる花瓶など、、、

f0226106_223354.jpg


ひとつずつ、おうちにコレクションしていくのも楽しいです♪

実は昨年、ご縁があってシチリアの工房に伺うチャンスがありました。以前からデシモーネ陶器のファンだった私ですが、工房で職人さんがひとつひとつ、丁寧に仕上げる姿を見て、益々ファンになってしまった私。料理に携わる仕事をしている人の間でも密かなファンが多いデシモーネ陶器。

f0226106_2285156.jpg



今は亡きジョバンニ デ シモーネは、腕の良い陶器職人を育てよう、、、、とパレルモに大きな工房兼陶器学校を持っていました。その時、ジョバンニに直接教えてもらっていた職人達が現在中心となって陶器作成に携わっています。こうして後世に芸術を伝えていこう、、、と思ったジョバンニ、偉大です。今も尚、たくさんの人達がデシモーネ陶器から大きな力をもらっているのですから、、、。

f0226106_2324663.jpg


中目黒のGirsoleさんではデシモーネ陶器の他、イタリア食材も扱っています。

f0226106_2345991.jpg


香り高いオーガニックのオレガノやトラーパニの海塩などシチリア食材の他、南地方の美味しいワインやパスタ等々、皆さんの食卓のアクセントになる食材が盛りだくさんです。

お店では店名のGirasole=ひまわりのように明るい店主のすずこさんが迎えてくれます。 私もお姉さんのように慕っているステキな女性ですよ♪

お店は中目黒の目黒川沿いで現在桜がきれいに咲いているとの事!お散歩がてら是非寄ってみてくださいね♪

■ Girasole(ジラソーレ)

目黒区上目黒1-18-4 セルジェ101 
03-3712-6810

平日 11:30 ~ 7:00
日曜・祭日 11:30 ~ 6:30 
(注)催事のためにお店を閉めていることもあるそうです。遠方からの方は事前に電話をして営業時間を確認してください。

三越本店を皮切りに、広島、松山、福岡と4か所での三越のイタリア展に出展されるそうです!お近くの方、是非、ご覧になってみてくださいね!
[PR]
by lacucinasiciliana | 2011-04-04 02:41 | お気に入りのお店@日本

Vogue Ruby(ヴォーグ ルビー)

f0226106_1423499.jpg


私が日本で料理教室を開催したお店、下のエントリーの写真を見て「どこ?」と思われた方も多いかと思います。

都営大江戸線「若松河田駅」、若松口を出て徒歩2秒!つまり、、、駅の隣にある「Vogue Ruby(ヴォーグ・ルビー)」。兄弟3人で経営するカフェ&フランス雑貨のお店です。

もともとは仕立て屋さんだったこのお店。それを3代目の兄弟3人が受け継いで、カフェに改造。1階入り口部分には次男坊がフランスから買い付けてきたフランス雑貨、1階メイン部分は長男が料理、そして末っ子の女の子ちゃんがお菓子を担当するカフェスペース。店内の階段を上って2階に行くと、私がデモンストレーションに使わせていただいているレッスン用のキッチンスペースと、次男坊が手掛けるセレクトショップがあります。イタリアやフランスで直接買い付けてきた生地を使ってお母さんが仕立てた洋服も多々あり。いずれもヨーロッパの香りが漂うステキな空間です♪

1階のカフェスペースではランチやディナーもあり。店内で天然酵母のパンも焼いていてテイクアウトもできます。末っ子ちゃんが作るケーキはどれもホッとする美味しさ。ロールケーキがオススメです♪ケーキももちろんテイクアウトできます。

f0226106_1534769.jpg


生徒さんからも何度も聞かれたのですが、

「REIさんとこのお店はどういうご関係で?」

実はこのお店の3兄弟のお父様とうちの父、昔からの大親友。3兄弟はそれぞれ自分の道を歩んだ後、3人で生まれ育った土地で力を合わせてお店を継ぐことを決意。3兄弟と私は小さい頃に会ったことがあるのですが、長~~~いこと会っていなかったのですが、既に食の世界で働いていた事から、カフェをオープンさせる時に久しぶりに再会したわけです。お互いにイメージは「子供」だったので、久しぶりに会ったときには、「いやいや、みんな大人だわ、、、、(笑)」と、皆してびっくり!

そんなこんなで、料理教室の会場に使わせていただいております。

あんまり写真がありませんが、店内、のんびりできる雰囲気のスペースです。近くに行った際には是非お立ち寄りくださいませ♪

■ Vogue Ruby(ヴォーグ ルビー)
東京都新宿区若松町28-6
大江戸線「若松河田駅」 若松口をでて左隣
ホームページ → http://vogue1935.com/
[PR]
by lacucinasiciliana | 2011-03-26 02:05 | お気に入りのお店@日本