「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:シチリア料理本出版( 5 )

シチリア料理はどこの国の料理?

f0226106_16292230.jpg


日本到着6時50分。朝早くの到着だった今回の日本一時帰国。

初日、早速トウキョウの街を散策してきた。もちろん書店に並ぶ「我が子」を探しに、、、。銀座、東京駅周辺の本屋さんを周り、平積み&面出しで目立つ場所に並んでいる自分の本を見て一人ニンマリ。周りの人からは不審者と思われたかもしれない。

しかし、、、

一体「シチリア料理」ってどこの国の料理なのだろうか。

とある本屋さんではインド料理本のコーナーに、とある本屋さんでは家庭料理のコーナーに、中華料理の本の中に平積みされていたり、、、、と置かれているコーナーが本当にバラバラだ。もちろん「イタリア料理コーナー」に置いてくれている書店もあったが。

シチリア=イタリア

っていう認識がまだまだ広がっていないのだ、と実感した。

考えようによっては、イタリアンの枠を超えた「シチリア料理」という新しいジャンルが確立されるのでは?という解釈もできるが。それはそれで嬉しくはある。

実際、シチリア料理はイタリア料理とは一線を画すし、本の帯にも

「もうひとつのイタリアン」

まさに、こんな表現がぴったりなのかもしれない。

考えてみれば「シチリア料理」は、アラブの血を色濃く引き、それがノルマン、アラゴン(スペイン)、そして現代のイタリア、、、と言ってみればそれぞれの食文化を取り入れた混血な料理。「イタリア料理」という括りに入れること自体、疑問なのかもしれない。

上の写真は現在、代官山のTSUTAYAで開催されている「イタリア料理本フェアー」。食材とイタリア料理の本を一緒に展示販売している今までにない画期的なブースだ。私の初著書も中央の目立つところに置いてくれている。ありがたい。

「シチリア」は世間一般にはまだまだ知られていない土地。このブログをの読者の方々は信じられないかも知れないが、時折、

「シチリアってどこの国ですか?」

と聞かれる事もある。

この本をきっかけに「シチリア料理」に興味を持ってくれる人が増えたら嬉しい。いや、そんなハードルの高いことは言わない。シチリアがイタリアの中にある、、、という認識が広がったら、、、更に、まずはシチリア自体に興味を持っていただけたら、それだけで今回の本を出版した意味があるのかもしれない、などとふっと思ってみた。

<お知らせ>

書店巡りをした翌日、講談社の編集者S氏から大きなプレゼントを頂いた。それは、、、

「重版(増刷)決定!」

の知らせだった。
発売後、たったの3週間での重版決定。レシピ本の世界では重版すら珍しい事なのに、3週間での重版決定とは、まさに快挙!だったそうだ。この場を借りて、アマゾン、書店で本を購入して下さった皆々様に心より感謝を申し上げたい。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2012-09-26 05:10 | シチリア料理本出版

ジャパンイタリアトラベルオンラインに「シチリアのおうちレシピ」を紹介。

f0226106_15433287.jpg


隔月で寄稿しているジャパントラベルオンライン「シチリア”食”の旅」。今月は特別号として8月に出版した「イタリアで一番美味しい家庭料理 シチリアのおうちレシピ」の出版記念号を書かせてもらった。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
(本文より)
2005年、シチリアに住み始めて早7年が経ち、、、2012年8月24日に講談社より「イタリアで一番美味しい家庭料理 シチリアのおうちレシピ」を出版致しました! 私がシチリアに住む7年間で、色々なマンマに教わった「シチリア伝統家庭料理」の集大成です。いつもは食材についてお話しているこのコーナーですが、今日は出版を記念して「シチリア料理の特徴」についてお話したいと思います。

●太陽の恵みを浴びたシチリアの食材を使いこなす
「シチリア料理の特徴」というと皆さん何を思い浮かべますか?圧倒的に多いのが「シーフード」だと思います。確かに新鮮なシーフードが食べられるのはシチリアの魅力ではありますが、私は本当のシチリア料理の特徴は「シチリア食材の使い方」にあると思っています。

続きはここから。


「シチリアのおうちレシピ」は下記サイトでも紹介していただいた。心より感謝を申し上げたい。

■お菓子とパンのサイト「パナデリア」
http://www.panaderia.co.jp/bookrecommend/book_sicilia/index.html

■451Booksのブログ「くるくるbookダイアリー」
http://blog.livedoor.jp/yuki451/archives/51836698.html
[PR]
by lacucinasiciliana | 2012-09-26 05:09 | シチリア料理本出版

「今週のピックアップブロガー」、再登場!

f0226106_232753.jpg
2010年にも一度出させていただいた「今週のピックアップブロガー」(ココをクリック!)。出版を記念して再登場させていただく事となった。

8月24日に本が発売して1週間が経つ。この1週間、、、なんと輝いていた1週間であろうか。数々のお祝いのメッセージ、「買いました!」報告、「○○の書店で平積みになっていました!」という平積み報告、、、メールやFacebookを通じて、本当にたくさんの方からお祝いしていただいた。この目で実際に書店に並ぶ姿を見ることはまだできないが、皆さんと写真を見ることでリアルタイムで喜びを共有する事ができた非常にエキサイティングな1週間だった。たくさんのメッセージ、心より感謝したい。

食の世界に入ってから20年近くが経つ。今まで決して「本を出版するため」に食の仕事を続けてきたわけではない。自分の興味の向く方向に、貪欲に、そして臆することなく向かっていった結果であったと思っている。そしてここがゴールでもない。私にとっては今まで7年のシチリア生活の、そして食の世界で働き始めてからの大きな区切り、という位置づけだ。この先、この本を通じて、たくさんの出会いがあり、仕事の場も広がるかもしれない。そうした時に、いつも胸を張っていれるよう、これからも「シチリア」を積極的に知っていきたいと思う。

この7年、シチリア南東部に半年間住んでいたものの、その後は西シチリアを中心として食文化を学んできた。しかしシチリアは広い。西シチリアが4つ程集まったのがシチリアだ。そしてそれぞれの地域に、またそれぞれの食文化が存在する、、、これが私がシチリアに魅了された一つの理由でもある。これからは西シチリアのみならず、シチリア全土に活動範囲を広げていきたいと思っている。きっと、またキラキラと目を輝かすことが得きるような新しい発見がたくさんある事であろう!

出版関連の諸々により、非常に忙しい時期を過ごし、このブログもしばらく更新が滞った。一段落したら気持ちを入れ替えて、また更新を続けていきたいと思っている。今後もこのブログを時折覗いていただけたら嬉しい。

「今週のピックアップブロガー」はこちらから。

***************************************************************
<お知らせ>
出版を記念して9月16日にイベントを開催します。ご興味のある方は、是非下記URLから詳細をご覧ください。

出版記念イベント「シチリアのおうちごはん」→http://www.tavola-siciliana.com/event_japan/festa_libro.html
[PR]
by lacucinasiciliana | 2012-08-30 23:18 | シチリア料理本出版

「イタリアで一番おいしい家庭料理 シチリアのおうちレシピ」 8月24日発売決定!

f0226106_50387.jpg2012年8月24日、待ちに待った私の第1冊目の本の発売日が決まったっ!

去年の秋に、出版社へ企画が通った「シチリア家庭料理のレシピ本」。去年暮れからどの料理を載せるか、料理の選定を始めてから約8ヶ月、、、、8月の始めにやっと責了となり、発売日も決まった。長いようで短いようで、、、とにかく精一杯頑張った8ヶ月だった。

「シチリアでの7年間の生活の集大成」

2005年1月からシチリアに住み始めた。その頃は、シチリアのパスティッチェリア(菓子屋)で働き始めたのだが、お店で働くだけでは面白くない。もっと地元の生活が垣間見たい!と思い、働いていたお店に夜は自由時間にしてもらう事を願い出た。夕方で仕事を終えた私は、毎日毎日街を散歩し、地元の人がどんなペースで生活し、どんな食事をしているのか、、、そんな地元民の生活に密着した。住んでいる間に知り合いが増え、色々な人のお宅にお邪魔し、食事をご馳走になった。

その中でも一番私に大きく影響を与えたのは、このブログでもお馴染みの「ドミンゴ家」のマンマとパパとの出会いであった。家庭菜園、、、とは言えないほど大きな家の裏にある農園でパパは楽しそうに家族のために野菜や果物を育て、マンマは毎週日曜日、集まってくる息子娘家族のために腕をふるう。季節には季節の食の行事があり、ものすごいスローな生活をしている、、、と思いきや、

「便利なものは、そりゃ使うわよ。」

と言って、フードプロセッサーやバーミックスも使っている。

土と触れ合い季節感のある食生活をしながらも、きちんと文明の利器も使いこなす、、、、あまりにもナチュラルに昔と現代が融合した生活をしている彼らに、ちょっとした衝撃を受けた私。頑なではなく、時代に合った形で「伝統」を大切に受け継いでいる彼らの生活に驚きを感じた。

「もっと彼らの生活を見てみたい。」

そう思ったのがシチリアに残った一番大きな理由だった。それから7年、ドミンゴマンマを始め、色々な家庭料理を生活に密着する形で、色々なシチリアマンマから教わってきた。季節には季節の食事があり、それはその季節に食べてこそ価値があるもの。それが味わう事が出来るのが現地に住んでいるものの特権である。そして、このレシピブックはそうして積み重ねてきた私の7年間の集大成なのである。

日本の皆さんにも是非シチリアマンマの味を味わっていただきたい。そして、シチリアの風を皆さんに感じていただけたら嬉しいと思う。

発売は東京では8月24日を予定。他の年では順次、書店に届き次第、発売となるようだ。

AMAZONでは既に予約が始まっている。→ 予約はこちらから。

9月には日本でイベントも開催予定なので、シチリアに興味ある方には是非ご参加いただきたいと思っている。

そして最後になったが、今まで応援してくれた友人、知人、まだ見ぬブログ読者、ラ ターボラ シチリアーナのプランや日本の料理教室参加してくださった方々、皆様に深く御礼を申し上げたい。更に、本作りに携わってくださった方々、そして私をネット上から見つけ出して本を作るまでの企画を通し、私の意向を尊重しながら本作りをしてくれた編集のYさんには、心よりの感謝を申し上げたい。

発売まであと2週間。シチリアに届くのはもうちょっとかかるだろうか、、、、。手にとって見る日が本当に楽しみだ。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2012-08-10 05:30 | シチリア料理本出版

シチリア料理本撮影風景色々

f0226106_17403416.jpg


3月の日本滞在に続き、シチリアに戻った1ヶ月後、また日本に渡った。今回の目的は夏に出版予定のシチリア料理レシピ本の料理の撮影であった。

撮影が行われたのは出版社が持つスタジオ。

4月16日、撮影初日。

3月の日本滞在で打ち合わせの時に顔合わせをしてたおかげで初対面の人は少なかったものの、それでも初日はドキドキするものだ。スムーズに行くだろうか、、、、。しかし、そんな心配は撮影が始まると共に払拭された。どうやって盛り付けようか、、、と迷う私に、

「いつも通りに料理して、いつも通りに盛り付けして下さいね」

という、出版社、編集者の声。

「レストランのような盛り付けはしないでくださいね。あくまでも”家庭料理”ですから。REIさんらしく作ってください。」

常に、シチリアらしさ、そして私らしさを重視してくれた。それは料理に関しても、スタイリングに関しても。1冊目の本で自分らしさを出すことが出来た私はなんと幸運なのだろうか。

f0226106_17413753.jpg


作った料理は撮影が終わるたびに一皿一皿、皆が試食。

「美味しいね~。」
「食材の使い方が面白いね。」
「こんなにミントって使うの?」

皆からの「美味しい」の一言が何より嬉しく、私のカンフル剤となった事は言うまでもない。中でも多くの料理家の方々の撮影をしイタリア料理に造詣が深いカメラマンA氏からのお褒めの声は、私にとっても非常に嬉しいものだった。

和気藹々としたスタッフに囲まれて全6日間の撮影は、非常にスムーズに楽しい雰囲気の中終了した。

シチリアに住んで8年目。最初は見るもの食べるもの全てが新鮮だった私だが、さすがにシチリアの生活も日常となってきた今日この頃。どんなにアンテナを敏感に張り巡らしていても、やはり最初の頃に比べると鈍ってくるものだ。撮影最中のスタッフの声は、そんな私に刺激を与えてくれる非常に貴重な意見であった。撮影最中に「新たなシチリア」をいくつも発見する事ができたのであった。

これからレシピの調整&チェック、コラムの執筆などなど、まだまだ仕事は残っているが、本のイメージを決定つける料理の撮影が終わった今、大きな山場を一つ超えた気がする。これから出版まではいかにシチリア料理の情報を決められた中の文字数に納めるか、、、、頭を悩ます事となるだろう。まだまだ先は続くが、美味しそうに写真を撮影してくれたカメラマンのA氏、美しいスタイリングを手がけてくれたスタイリストのJ氏、編集部のSさん、撮影に際して私を支えてくれた料理アシスタントの面々、そしていつも励ましてくれる編集者のYさん、撮影に携わった方々全員にお礼を申し上げたい。

出版予定は8月下旬。それまでのインフォメーションはこのブログでご紹介していく事としよう。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2012-05-03 17:43 | シチリア料理本出版