「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「シチリア」を追求するシチリア料理店 Il Pistacchio(イル ピスタッキオ)

f0226106_0521280.jpg


2010年5月、シチリアに一人の青年が料理を勉強しに来た。その青年は、トラーパニで「トラーパニ料理」を勉強した後、シチリアを1ヶ月かけて一周しながら、シチリア各地の料理を勉強して日本に帰った。帰国後、数ヶ月してから、

「お店オープンします!」

という嬉しい連絡。そのお店はシェフ一人が料理もサービスもこなす、8席の小さなお店だ。シェフの「シチリア」への熱い情熱が関西のシチリアファンに広がるにはそう長い時間は要さなかった。数ヶ月後、既に「予約の取れない店」へと成長していたのだ。

そして、その青年は2011年11月、またトラーパニに戻ってきた。今度は、

「シチリアを、そしてシチリア人を肌で感じるために」

彼から

「カンティーナ シチリアーナで働きたい」

というメールが来たのは確かその数ヶ月前のことだったか。オープンしてたった1年しか経っていないお店を2ヶ月以上閉めて、シチリアに再来するというのだ。私も驚いたが、そこまでして「シチリア」を追求したい、、、という彼の想いを叶えてあげたかった。

カンティーナ シチリアーナのシェフ ピーノは二つ返事で快諾。青年はカンティーナ シチリアーナで2ヶ月間ほど働いて日本に戻った。


そして、先ほどブログでこんなエントリーを発見。

----------------------------------------------------------------------------------------------
イルピスタッキオ変わります。

・10月から3月までは野菜料理とお肉料理のみのご提供になります。
 4月から9月まではお魚料理のみのご提供になります。

※山や森にあるトラットリアはお魚料理ありません、また海沿いのトラットリアに
 ほとんどお肉料理はありません。

・カッフェラッテ、カップッチーノ、カッフェマッキアート、紅茶、止めます。
 エスプレッソコーヒーの美味しい飲み方、伝えていきたいです。
 コーヒー苦手な方には自家製リモナータご用意します。

※やっぱりカップッチーノ等、朝しか飲みません。
 食後に飲む?シチリア人はNOです。
----------------------------------------------------------------------------------------------

日本に帰国した時にイタリア料理店に行くと、違和感を感じることがある。それは何か?それが一気に分かったような気がした。

シチリアではその地方の伝統料理をメニューを変える事なくずっと作り続けるのだ。そして土地の人は自分のお気に入りの一皿を食べに来る。当然メニュー構成は「土地のもの」が基本だから、一貫性がある。青年の言うように、山のレストランで魚介料理はありえない。(あったとしても注文する人はほとんどいない)確かに日本では魚も肉も一緒に手にはいるわけだから、色々有りのメニュー構成が出来るわけだし、その方がお客様も楽しめるかもしれない。ただ、シチリアではそういうスタイルのお店は極少ないため、なんとなく違和感を感じる訳だ。

いや、これはシチリアだけではなくイタリア全土に共通する事だが、シチリアは観光客が大都市と比べると少なく、地元に密着した店が多いから余計に感じるのかもしれない。

青年はあくまでも「シチリア」にこだわる。何故そこまで?それはきっと私が「シチリア」にこだわる理由と似ているのかもしれない。ここシチリアは知れば知るほど強烈な土地だ。

青年のお店は大阪 茨木の駅の近くにある。関西地区に住むシチリアファンの方々、是非一度足を運んでいただきたいものだ。もう行ったし、、、という方も、再度足を運んでいただきたい。きっと新しいシチリアに出会えるはずだ。

■ Il Pistacchio(イル ピスタッキオ)
茨木市西中条町2-12 
tel.fax072-657-8733
ブログ http://alpadorino.exblog.jp/
[PR]
by lacucinasiciliana | 2012-02-10 05:23 | お気に入りのお店@日本