「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

シチリア料理はどこの国の料理?

f0226106_16292230.jpg


日本到着6時50分。朝早くの到着だった今回の日本一時帰国。

初日、早速トウキョウの街を散策してきた。もちろん書店に並ぶ「我が子」を探しに、、、。銀座、東京駅周辺の本屋さんを周り、平積み&面出しで目立つ場所に並んでいる自分の本を見て一人ニンマリ。周りの人からは不審者と思われたかもしれない。

しかし、、、

一体「シチリア料理」ってどこの国の料理なのだろうか。

とある本屋さんではインド料理本のコーナーに、とある本屋さんでは家庭料理のコーナーに、中華料理の本の中に平積みされていたり、、、、と置かれているコーナーが本当にバラバラだ。もちろん「イタリア料理コーナー」に置いてくれている書店もあったが。

シチリア=イタリア

っていう認識がまだまだ広がっていないのだ、と実感した。

考えようによっては、イタリアンの枠を超えた「シチリア料理」という新しいジャンルが確立されるのでは?という解釈もできるが。それはそれで嬉しくはある。

実際、シチリア料理はイタリア料理とは一線を画すし、本の帯にも

「もうひとつのイタリアン」

まさに、こんな表現がぴったりなのかもしれない。

考えてみれば「シチリア料理」は、アラブの血を色濃く引き、それがノルマン、アラゴン(スペイン)、そして現代のイタリア、、、と言ってみればそれぞれの食文化を取り入れた混血な料理。「イタリア料理」という括りに入れること自体、疑問なのかもしれない。

上の写真は現在、代官山のTSUTAYAで開催されている「イタリア料理本フェアー」。食材とイタリア料理の本を一緒に展示販売している今までにない画期的なブースだ。私の初著書も中央の目立つところに置いてくれている。ありがたい。

「シチリア」は世間一般にはまだまだ知られていない土地。このブログをの読者の方々は信じられないかも知れないが、時折、

「シチリアってどこの国ですか?」

と聞かれる事もある。

この本をきっかけに「シチリア料理」に興味を持ってくれる人が増えたら嬉しい。いや、そんなハードルの高いことは言わない。シチリアがイタリアの中にある、、、という認識が広がったら、、、更に、まずはシチリア自体に興味を持っていただけたら、それだけで今回の本を出版した意味があるのかもしれない、などとふっと思ってみた。

<お知らせ>

書店巡りをした翌日、講談社の編集者S氏から大きなプレゼントを頂いた。それは、、、

「重版(増刷)決定!」

の知らせだった。
発売後、たったの3週間での重版決定。レシピ本の世界では重版すら珍しい事なのに、3週間での重版決定とは、まさに快挙!だったそうだ。この場を借りて、アマゾン、書店で本を購入して下さった皆々様に心より感謝を申し上げたい。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2012-09-26 05:10 | シチリア料理本出版

ジャパンイタリアトラベルオンラインに「シチリアのおうちレシピ」を紹介。

f0226106_15433287.jpg


隔月で寄稿しているジャパントラベルオンライン「シチリア”食”の旅」。今月は特別号として8月に出版した「イタリアで一番美味しい家庭料理 シチリアのおうちレシピ」の出版記念号を書かせてもらった。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
(本文より)
2005年、シチリアに住み始めて早7年が経ち、、、2012年8月24日に講談社より「イタリアで一番美味しい家庭料理 シチリアのおうちレシピ」を出版致しました! 私がシチリアに住む7年間で、色々なマンマに教わった「シチリア伝統家庭料理」の集大成です。いつもは食材についてお話しているこのコーナーですが、今日は出版を記念して「シチリア料理の特徴」についてお話したいと思います。

●太陽の恵みを浴びたシチリアの食材を使いこなす
「シチリア料理の特徴」というと皆さん何を思い浮かべますか?圧倒的に多いのが「シーフード」だと思います。確かに新鮮なシーフードが食べられるのはシチリアの魅力ではありますが、私は本当のシチリア料理の特徴は「シチリア食材の使い方」にあると思っています。

続きはここから。


「シチリアのおうちレシピ」は下記サイトでも紹介していただいた。心より感謝を申し上げたい。

■お菓子とパンのサイト「パナデリア」
http://www.panaderia.co.jp/bookrecommend/book_sicilia/index.html

■451Booksのブログ「くるくるbookダイアリー」
http://blog.livedoor.jp/yuki451/archives/51836698.html
[PR]
by lacucinasiciliana | 2012-09-26 05:09 | シチリア料理本出版

パッシート用のブドウZibibbo(ズィビッボ)を食す

f0226106_1519107.jpg


先日ブドウ農家から差し入れを頂いた。

「今、Zibibbo(ズィビッボ)の収穫をしているんだよ。美味しいから食べてごらん。このブドウはね、ワインを造るように栽培しているけれど、食べても美味しいんだよ!」

Zibibbo(ズィビッボ)はアラブ語で、イタリア語名はMoscato d'Alessandoria(モスカート ディ アレッサンドリア)。つまり

「アレッサンドリアのマスカット」

アレッサンドリアはエジプトの都市で、きっとこの辺りで生まれた品種なのでは、、、?と言われている。

このブログでも何度か紹介したパッシートは甘い甘い甘美なデザートワイン。干しブドウを醗酵中に加えながら造るというちょっと変わった作り方をする。

zibibboの粒はワイン用のブドウとしては中ぐらいの大きさ。このブドウ、食べてみると、、、甘い。普通に食べている食用のブドウよりはるかに糖度が高いのがよく分かる。そしてちょっと厚めの皮と実の間が特に甘い。(皮が厚いからこそきれいな干しブドウとなるのであろう。)口の中で皮を噛んでいるとジュワーっと甘さが口の中に広がっていく。甘いのでたくさん食べるタイプのブドウではないが(もちろんイタリア人はモグモグとたくさん食べているが)、このブドウをデザートワインと合わせても美味しいだろう、、、と思わせるほどの糖度の高さだ。

先日、農民市場では「Inzolia(インツォーリア)」と書かれた札のブドウを売っている農家が数軒あった。Inzoliaはトラーパニ地方を代表するワイン用のブドウ。7月から出回るブドウだが普段は食用として売られることはない。ワイン用ブドウを収穫する時だけに味わえる極々短い旬ものだ。

ワインを造る品種のブドウそのものを食べてみる事は、ワインを知る上での必須な事のように思う。なぜなら、ワインになる前にブドウの段階でその持ち味というものが感じられるからだ。そこからどんなワインになるのか、、、それは生産者の思惑により星の数ほどの違う味わいのワインが生まれるのだが。

現在トラーパニでは白ブドウの収穫はほぼ終わり、黒ブドウ(赤ワイン用のブドウ)の収穫真っ最中。ワイン用の黒ブドウは食用のブドウとしては適さないものが多いが、これもまたつまみ食いしに行ってこよう。
[PR]
by lacucinasiciliana | 2012-09-10 15:31 | シチリアの畑から