<< トリエステのCaffe'... トリエステで食べる ~B級グル... >>

トリエステで食べる ~B級グルメ編:Kapuziner Keller~

f0226106_1183611.jpgイタリア統一広場の裏側にある小さな入り口のお店、「Kapuziner」。なんと読むのだろうか?カプツィネル??

ここもお宿の人のオススメ地図に印が付いていたお店だが、知らなければ見逃してしまいそうなくらい小さな入り口だ。

この日は市民マラソン大会があって、イタリア統一広場はゴール地点となっていた。お昼前にレースが終了したせいか12:00過ぎにはどこのレストランも満席となっていた。幸い夜もシチリアタイムならお昼もシチリアタイムの私たち。14:00過ぎに行ってみると数席の空席があった。

それでもお店の中に入ると、熱気で圧倒されそうになったのだ。

f0226106_1234568.jpg


長~いテーブルに連なるようにして座り、大量の肉を食べている姿はとてもイタリアとは思えなかった、、、。店内の装飾も、異国情緒がたっぷり漂い。

f0226106_127507.jpg


ブッフェにはビールカウンターがあり、ビールを飲む人が多いのも特徴のひとつ。

f0226106_1292088.jpg


色々な種類の生ビールがあり。アワがおいしそう♬

f0226106_131838.jpg


やっぱりイタリアっぽくない、、、。カウンターでは場末の酒場で金髪の女を口説いている風の長髪東欧系男性の姿が。イタリア人が口説く姿とはどこか違うような、、、。こんな光景が見れるのもトリエステならでは?(この後、この男女は私たちの隣の席に着き、カップルだ、、、ということが判明したのだが)

さて、このお店で食したもの。

f0226106_1362518.jpg


私は念願だった「Gnocchi di Pane(パンのニョッキ)」を注文。(左上)ニョッキといえば、ジャガイモで作ったものが有名だがトリエステ地方にはパンで作ったニョッキがある。野菜を煮込んだトマトソースだったが、牛肉を煮込んだグラーシュというハンガリー料理のソースと一緒に食べるらしい。オイシソウ。C氏は軽めにサルシッチャのグリルを頼んだのだが、、、これまたサルシッチャの様子が違い。(左下)腸詰していない~。アルミホイルの中にはジャガイモの丸ごとロースト、白いソースは酸味がきいているもの。やっぱりジャガイモか(笑)

ドルチェは、なんという名前だったか忘れたが、これがとっても美味で。粉と水を合わせただけであろう生地を焼いたものに、粉糖をかけてたっぷりのブルーベリージャムと食す。シンプルの極みだが、ここで食べた中でこれが一番のヒットだった。

街の中心にあるので、行きやすい。イタリアっぽくない雰囲気を楽しむのには最適のお店である。こんもりと泡が注がれているビールも試してみるべきだったか、、、。

さて、気になるお会計。頼んだのは写真の4品で35ユーロ。楽しい気分が味わえるので、まぁ、よしとしよう。

<店舗データ>
Kapuziner keller
Via del Posso del Mare, 1 Trieste
040-307997
[PR]
by lacucinasiciliana | 2011-05-18 01:46 | 番外編:トリエステ
<< トリエステのCaffe'... トリエステで食べる ~B級グル... >>